ホーム  >  診療科・部門一覧  >  消化器内科  >  基本情報

消化器内科


当科について

ご案内

場所 本館2F
受付時間 新患:8時〜11時30分まで
再来:8時〜11時30分まで

特色

当科は2002年4月京都大学消化器内科の関連施設として発足しました。
京都大学とは密に連携をとりながら、日々の診療を行っています。
専門分野は消化器 (食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆管、胆嚢) 全般の病気の診断と治療です。
最新の内視鏡装置や超音波装置を駆使して、病気の早期発見や治療を実施しています。

患者さんへ

① 緊急時

普段の生活の中でも“おなか”の調子が悪くなることは良くあることだと思います。
実際、病院に来られる患者さんは、消化器疾患の方が最も多いのです。
それに対応するため、当科では24時間365日、緊急内視鏡検査/治療をはじめ、常に消化器疾患に対しての最善の診療が可能となる体制を構築しています。

② 胃がんや大腸がん等の早期発見と治療

日本人が生命を落とす原因の中で最も多いのは“がん”であることはご存知のことだと思います。さらに日本人のかかる“がん”で1番多いのは大腸がん、続いて胃がんと言った消化器の“がん”です。
“がん”で生命を落とさないために最も重要なことは、初期の“がん”をとにかく早く見つけること!
初期の“がん”は症状がありません。つまり、検査をしなければ見つからないのです。
胃がんや食道がんなら胃カメラ、大腸がんなら大腸カメラ。
当科では最新鋭の内視鏡装置を用い、毎年数多くの食道がんや胃がん、大腸がんの患者さんを内視鏡を用いて診断し、内視鏡による治療を行っています。
症状がない場合は、当センターの健康管理センターでのドックで内視鏡のお申込も可能ですし、症状がある場合は当科の外来を受診いただければ予定いたします。また、当科では地域のご開業されている先生方や病院との連携も積極的に行っており、できるだけスムーズに対応させていただくシステムを整えています。ご近隣の診療所をまず受診いただき、必要な場合に当科にご連絡いただくこともご検討ください。

③ 肝臓や胆道、膵臓のがんの発見と治療

肝臓や胆道、膵臓はなじみの少ない臓器かもしれません。肝臓に関しては腹部超音波検査やCT/MRIを駆使して早期のがんの発見に努めています。小さながんの場合は超音波を用いた治療(ラジオ波焼灼術)が可能です。他にも手術やカテーテルを用いた肝動脈塞栓術など状況に応じて、外科や放射線科と協力して最善の治療を行っています。
胆道や膵臓のがんは近年増加し、問題となっていますが、早期の段階で見つけるのは難しいとされています。
当科では胆道や膵臓の疾患には特に力を入れており、腹部超音波検査や超音波内視鏡を駆使し、早期のがん発見に努めています。診断の後は、手術や化学療法など早急治療を進めていきます。また、がんによって生じる黄疸や発熱、腹痛などに対して内視鏡手術(胆管ステント、消化管ステントなど)を迅速安全に行うよう努力しています(図1)。近年は、超音波内視鏡を用いた先進的で高度な治療も行っています。(図2、図3)

(図1) 肝門部領域胆管癌の内視鏡治療

(図2) 膵頭部癌の超音波内視鏡治療

(図3) 膵頭部癌の超音波内視鏡治療

④ 胆のう結石症、総胆管結石症

“いわゆる胆石”を持たれている方は非常に多いですが、全ての方に症状があり治療が必要な訳ではありません。しかしながら、胆管と呼ばれる管の中に石がある場合は、高熱(敗血症)や肝障害、黄疸、膵炎等の重篤な経過をとることがあり、診断されれば早急に治療する必要があります。当科でも重点を置いている疾患のひとつで、総胆管結石症の内視鏡治療は全国屈指の実績をあげています。

大きな総胆管結石の内視鏡治療

⑤ がん化学療法

転移を伴う消化器がんに対しては、抗がん剤を中心とした全身治療が必要です。かつてと比較すると、治療成績も延長し、副作用についても軽減してきました。
副作用コントロールも選択肢が多彩になってきました。
たくさんの治療法の中から患者さんにぴったりの方法を選択し、治療方針も複数の医師で確認して、相談しながら実践していますのでご安心ください。

⑥炎症性腸疾患

炎症性腸疾患の代表的なものに潰瘍性大腸炎とクローン病があります。いずれも厚労省の指定する難病であり、年々患者数が増えている疾患です。
潰瘍性大腸炎は女優やプロ野球選手なども患っており、かつて若者の病気と言われていましたが、患者数が増えるにつれ、幅広い年齢層での発症が知られるようになりました。腹痛や下痢、血便などの腹部症状の他に多彩な全身症状を呈することもあります。下部消化管内視鏡検査を行うと、(図1)のように大腸の粘膜がただれていることが分かります。他に血液検査やレントゲン検査なども行った上で潰瘍性大腸炎と診断します。治療は5-アミノサリチル酸製剤の服薬、局所投与が基本となります。症状によっては、より強力な薬剤であるステロイド剤が使われます。ステロイド剤が効かない場合、あるいは減量すると症状が悪化する場合には血球成分除去療法や、免疫調整剤、生物学的製剤といった薬剤、時には手術が行われます。

クローン病は主に若者の病気で、潰瘍性大腸炎と同じような症状がみられます。潰瘍性大腸炎が主に大腸の病気であるのに対し、下部消化管内視鏡写真を(図2)に示しましたが、クローン病は口から肛門までのどの消化管にも炎症が生じ得ます。潰瘍性大腸炎よりも症状が重いことが多く、治療には初めから生物学的製剤が用いられることが多いです。
当科には多くの炎症性腸疾患の患者が受診されています。入院治療が必要なこともありますが、多くは通院治療になります。豊富な経験とエビデンスに基づいた診療を行っており、他の診療科とも連携しながら最善の医療を提供し、症状の改善、良い状態が維持できるよう心血を注いでいます。腹痛や下痢、血便といった症状が続く場合には炎症性腸疾患も疑って受診してください。

(図1)潰瘍性大腸炎の内視鏡写真

(図2)クローン病の内視鏡写真


⑦地域連携

地域の先生方とは、常に密接な連携をとりながら診療しています。必要な時は当科を受診していただくという体制が整っていますので、普段は安心してかかりつけ医での診療をお受けください。

地域の先生方へ

日ごろからいつも諸先生方には大変お世話になり感謝申し上げます。
当科では消化器疾患全般について診療を行っています。
特に以下の4疾患群は当科の副部長が責任者となり、チームに分けて重点的に診療を行っていますので安心してお任せください。

 ① 内視鏡治療チーム

責任者:赤松拓司副部長、中谷泰樹副部長
消化管全領域の診断から内視鏡治療(特に早期がんに対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術))

患者さんをご紹介いただいてから治療まで、できるだけ迅速に進められるよう心がけています。また、診療状況がご理解いただけますよう、診療状況の報告を行うように心がけています。もし、お気づきの点がございましたら、ご遠慮なく忌憚のないご意見をお聞かせいただければ幸いです。当然のことながら、検査や治療を担当する医師は積極的に学会や研究会、セミナーなどに参加して知識と技術を向上させるよう自己研鑽に努めています。加えて、当施設をご覧いただくことも随時受け付けていますので、ご希望があればご連絡ください。

赤松拓司副部長:近畿内視鏡治療研究会幹事
        大阪胃研究会幹事
        関西消化器内視鏡ライブコース世話人
        Wakayama Endo-Highlight Symposium 代表世話人

② 肝胆膵チーム

責任者:上野山義人副部長
膵癌、胆道癌等の悪性腫瘍や総胆管結石等の良性疾患に対する内視鏡診断と治療
特に超音波内視鏡による診断と治療には力を入れています。

③ 化学療法チーム

責任者:瀬田剛史副部長
進行消化器癌に対する化学療法

消化器内科領域の薬物療法の成績は、この10年で劇的に改善、進歩しました。当科では、消化管(食道・胃・大腸)の癌に対する術前化学療法(抗がん剤治療)、および、治癒切除できない進行がん、再発がんに対する抗がん剤治療を、外来通院や短期入院で行っています。これは、患者さんの生活の質(QOL)を高める目的、またその維持のためです。患者さんそれぞれで使用する抗がん剤の種類は異なりますが、世界中で報告されています科学的根拠(エビデンス)を駆使して標準的治療を選択し、みなさんの担当医が一同に会して治療方針を立案するカンファレンスを通して決定します。これは、国内有数のがん専門病院でも同じ方法で治療法を決定しています。診療においては、医師だけでなく、看護師、薬剤師、栄養士、社会福祉士、臨床心理士を含むチーム医療を当科では実践しています。患者さんが現在おかれている病状や抗がん剤の副作用なども考慮し、誰もが納得いくまで時間をかけて治療方針を決定しますのでご安心ください。

④ 炎症性腸疾患チーム

責任者:浦井俊二副部長
潰瘍性大腸炎やクローン病等の炎症性腸疾患に対する診断と治療

潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患は、増加の一途をたどっています。以前は5-ASA製剤とステロイドしか薬剤がありませんでしたが、現在は免疫調整剤、免疫抑制剤、生物学的製剤と多くの薬剤が使用可能になりました。さらに、血球除去療法など、他の治療法も保険適用となっています。治療の選択肢が増えたがゆえに、治療方針に迷う症例もあるかと思います。また、治療によっては血中濃度の測定や合併症に対する対処、透析施設が必要など診療施設によっては対応困難な場合があるかもしれません。当センターでは他科の協力も仰ぎながら、すべての症例に対処可能です。お困りの症例があれば、いつでもご相談ください。


スタッフ紹介

医師

山下 幸孝 (やました ゆきたか)

役職 副院長 部長(兼)
卒業年 昭和57年
専門分野 消化器疾患全般、肝胆膵
資格 京都大学医学博士
京都大学医学部臨床教授
日本消化器病学会評議員・消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会社団評議員・消化器内視鏡専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医・指導医
日本内科学会評議員・総合内科専門医・指導医

上野山 義人 (うえのやま よしと)

役職 副部長
卒業年 平成7年
専門分野 消化器疾患全般、肝胆膵
資格 京都大学医学博士
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本プライマリケア連合学会指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医

浦井 俊二 (うらい しゅんじ)

役職 副部長
卒業年 平成10年
専門分野 消化器疾患全般、炎症性腸疾患
資格 日本消化器病学会近畿支部評議員・消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会近畿支部評議員・消化器内視鏡専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本内科学会総合内科JMECCインストラクター

瀬田 剛史 (せた たけし)

役職 副部長
卒業年 平成10年
専門分野 消化管疾患全般、化学療法
資格 日本消化器病学会近畿支部評議員・消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会近畿支部評議員・消化器内視鏡専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本プライマリケア連合学会指導医
日本内科学会JMECCディレクター
日本救急医学会ICLSディレクター

赤松 拓司 (あかまつ たくじ)

役職 副部長
卒業年 平成12年
専門分野 消化器疾患全般、内視鏡治療
資格 京都大学医学博士
日本消化器病学会評議員・消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会学術評議員・消化器内視鏡専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

中谷 泰樹 (なかたに やすき)

役職 副部長
卒業年 平成16年
専門分野 消化器疾患全般、内視鏡治療
資格 日本消化器病学会近畿支部評議員・消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会近畿支部評議員・消化器内視鏡専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本プライマリケア連合学会指導医
日本内科学会JMECCインストラクター

松本 久和 (まつもと ひさかず)

役職 医師
卒業年 平成21年
専門分野 消化器疾患全般、胆膵
資格
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会肝臓専門医

池ノ内 真衣子 (いけのうち まいこ)

役職 医師
卒業年 平成24年
専門分野 消化器疾患全般
資格 日本内科学会認定内科医

梅村 壮一郎 (うめむら そういちろう)

役職 医師
卒業年 平成24年
専門分野 消化器疾患全般
資格 日本消化器病学会消化器病専門医
日本内科学会認定内科医

谷 泰弘 (たに やすひろ)

役職 医師
卒業年 平成25年
専門分野 消化器疾患全般
資格 日本内科学会認定内科医

岡田 圭次郎 (おかだ けいじろう)

役職 医師
卒業年 平成25年
専門分野 消化器疾患全般
資格 日本内科学会認定内科医

原田 宜幸 (はらだ よしゆき)

役職 医師
卒業年 平成26年
専門分野 消化器疾患全般
資格 日本内科学会認定内科医

我妻 信和 (あがつま のぶかず)

役職 医師
卒業年 平成26年
専門分野 消化器疾患全般
資格 日本内科学会認定内科医

脇田 碧 (わきた みどり)

役職 医師
卒業年 平成27年
専門分野 消化器疾患全般
資格  

重里 徳子 (じゅうり のりこ)

役職 医師
卒業年 平成28年
専門分野 消化器疾患全般
資格  

中野 省吾 (なかの しょうご)

役職 医師
卒業年 平成28年
専門分野 消化器疾患全般
資格  

荻野 真也 (おぎの しんや)

役職 医師
卒業年 平成29年
専門分野 消化器疾患全般
資格  

寺下 友子 (てらした ともこ)

役職 医師
卒業年 平成29年
専門分野 消化器疾患全般
資格  

下山 雅之 (しもやま まさゆき)

役職 医師
卒業年 平成29年
専門分野 消化器疾患全般
資格  

森村 博樹 (もりむら ひろき)

役職 医師
卒業年 平成29年
専門分野 消化器疾患全般
資格  

三長 孝輔 (みなが こうすけ)

役職 嘱託
卒業年 平成19年
専門分野 胆膵
資格 医学博士
日本消化器病学会近畿支部評議員・消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本内科学会総合内科専門医

疾患・治療

救急関係

救急外来に訪れる患者さんのかなりの数は消化器疾患です。 消化器医師は常にオンコール状態で、内視鏡やその他による緊急検査、処置は24時間365日可能な体制をとっています。

消化管疾患

胃や腸に関しては、内視鏡等を駆使し、診断治療に当たっています。精度の高い検査処置を施行するために、胃カメラ、大腸カメラは経鼻内視鏡以外、すべて最高画質で最新の拡大内視鏡装置を用いています。


【早期がんの治療】
早期がんの内視鏡治療ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を早期より導入し、積極的に実施しています。
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)とは内視鏡を用いて行う早期がんの治療法です。
食道や胃や腸を外科的手術で大きく切除することなく内視鏡を用いてがんの部分を剥がしとります。
転移のない早期がんが適応となります。入院期間は約1週程度で、外科的手術で切除することに比べると短期間で済むことが多いこと、また、体の表面に手術の傷が残らないことは患者さんに喜ばれる点です。また、外科手術と異なり消化管(例えば胃など)を切除しないので、切除に伴う食事の不具合(例えば胃を手術で大きく切除すると、胃の容積が小さくなるので、手術前のようにしっかり食べることができるようになるまで時間がかかることもあります)が起こりにくい点も大きな長所です。ただし、治療を行う部位や腫瘍の大きさによっては注意が必要なこともありますので、それぞれの患者さんの状況に応じた説明をさせていただきます。治療を担当する医師は積極的に学会や研究会、セミナーなどに参加して知識と技術を向上させるよう自己研鑽に努めています。

炎症性腸疾患

近年、我が国では腸の疾患が急増しています。特に若い方が罹患する厚生労働省の特定疾患に指定されているクローン病と潰瘍性大腸炎の増加は大きな問題となっています。当科では以前より通常の薬物療法以外に分子標的治療薬や白血球/顆粒球除去療法等、あらゆる方法を駆使して治療しています。

膵・胆道疾患

胆嚢結石症や総胆管結石症は以前より頻度の高い疾患でしたが、最近は膵臓の病気が増加しています。
当科では腹部超音波装置や通常の内視鏡装置以外に超音波内視鏡(超音波装置のついた特殊な内視鏡)を用い、胆膵疾患の診断と治療にあたっています。
以前は総胆管結石症の治療は外科的治療が必要でしたが、当科では最近10年間で1697人の患者さんを開腹手術することなく、内視鏡にて治療しています。
また、当科で最近重点的に実施している超音波内視鏡を用いると、胆膵疾患の画像的診断以外に膵臓がんの組織検査や、がん性疼痛に対する神経ブロック、閉塞性黄疸に対する治療等も可能となり積極的に実施しています。

肝臓疾患

C型肝炎に対する経口薬療法、肝細胞がんに対するラジオ波熱焼灼療法等、常に最新の治療を実施しています。
外科の切除を併用せず、ラジオ波熱焼灼療法(RFA)を中心に治療した肝細胞がん患者の3年生存率は83%、5年生存率は76%の成績をあげています。

がん化学療法

当科で実施した化学療法の内訳を以下に示します。

点滴抗がん剤治療実績  2016   2017
食道  37  46
 胃  83  91
 大腸  73  130
 肝臓(肝動脈化学塞栓療法)  163  106
 胆嚢胆管  7  32
膵臓   28  32
 その他  19  16
 合計  410  452

専門医制度

2018年4月より新しい専門医制度が開始されました。
当センターにおいては、subspecialtyを中心とした内科プログラムを組んでいます。
消化器内科での研修は、卒後3年目より上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査はもちろんのこと、ERCPや超音波内視鏡検査等も積極的に修得してもらっています。
当科の診療に興味のある方は是非ともご相談ください。
[連絡先:研修課 073-422-4171㈹]

学会関係

日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本肝臓学会認定施設

主な設備

内視鏡本体9台(内視鏡検査室6台、透視室2台、移動用1台)
処置用腹部超音波装置2台(Arietta、LogiqE9)

研修実績

1年間(2018年4月1日~2019年3月31日)の卒後3年目医師の研修実績

  A医師 B医師 C医師
上部消化管内視鏡検査 1,060 795 799
下部消化管内視鏡検査 503 228 246
ERCP 115 30 26
ERCP介助 33 33 44
腹部超音波検査 379 390 196
腹部血管造影     59