ホーム  >  当センターについて  >  特色と取り組み  >  高度な医療への取り組み

高度な医療への取り組み


内科系

循環器内科

・アブレーション治療、クライオアブレーション治療
・ICD(S-ICD)、CRTD(特殊ペースメーカー)、リードレスペースメーカー

循環器内科のページへ

消化器内科

・早期がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
・超音波内視鏡下手術

消化器内科のページへ

血液内科

・HLA半合致移植(ハプロ移植)
 原則65歳までの再発または難治の血液悪性疾患に対して行っています。

血液内科のページへ

呼吸器内科

・重症喘息に対する生物学的製剤による治療
・気管支内視鏡的放射線治療用マーカー留置術

呼吸器内科のページへ

感染症内科

・一類、二類感染症を含む輸入感染症診療

感染症内科のページへ

外科系

外科・消化管外科・肝胆膵外科

・高度進行がんに対する内視鏡手術

外科・消化管外科・肝胆膵外科のページへ

乳腺外科

・インプラントを用いた乳房再建

乳腺外科のページへ

眼科

・多焦点眼内レンズ
・乱視矯正眼内レンズ
・術中屈折モニタリング装置(術中リアルタイム屈折ガイダンスシステム)
・難治性疾患への積極的手術加療(硝子体手術)

眼科のページへ

耳鼻咽喉科

・顔面深部、頭蓋底腫瘍に対する手術
・高度感音難聴に対する人工内耳および残存聴力活用型人工内耳(EAS)埋込術
・前頭洞病変、眼窩内病変に対する鼻内内視鏡下手術(V型)
・下咽頭癌、中咽頭癌、喉頭癌に対する内視鏡下経口的手術
・高度進展真珠種性中耳炎に対する側頭骨手術

耳鼻咽喉科のページへ

産婦人科

・ロボット手術(良性子宮腫瘍・子宮体がん)
・腹腔鏡下手術 
・子宮鏡下手術

産婦人科のページへ

泌尿器科

・ロボット支援手術(前立腺がん、腎がん部分切除、浸潤性膀胱がん)
・腹腔鏡手術(後腹膜、骨盤内リンパ節郭清など)
・尿路結石 f-TUL導入による治療法の変化

泌尿器科のページへ

整形外科

・術中CT、ナビゲーションシステムを用いた脊椎固定術、骨盤骨折手術
・ナビゲーションシステムを用いた人工関節手術

整形外科のページへ

脳神経外科

・脳動脈瘤など脳血管病変に対する最新の器具を用いた脳血管内治療
・急性期、主幹動脈閉塞に対する超急性期血行再建術の取り組み

脳神経外科のページへ

心臓血管外科

低侵襲心臓大血管手術
①心拍動下冠動脈バイパス手術
②胸部及び腹部大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術
③心臓血管外科領域における内視鏡手術の応用

心臓血管外科のページへ

形成外科

・遊離皮弁術を含む各種再建手術
・全身麻酔下の抜糸を併用した小児形成外科手術
・小児形成外科診療

形成外科のページへ

呼吸器外科

・ハイブリッド手術室におけるCT下マーキングによる病変位置同定
・ステント留置などの気道インターベンション
・手掌多汗症、漏斗胸に対する手術

呼吸器外科のページへ

放射線治療

放射線治療科

・定位放射線治療
・強度変調放射線治療
・画像誘導小線源治療
・内用療法

放射線治療科のページへ

放射線診断

放射線診断科

・320列CTによる高度な画像診断 ・最新機器の導入(320列CT、3T MRI)
・IVR(特に腹部・肝細胞がん)
・被曝量の低減
・読影のクオリティコントロール(専門医による読影)
・安全に造影検査を行うための取り組み(副作用発生時のシミュレーションなど)

放射線診断科のページへ

高度生殖医療

産婦人科

・体外受精
・顕微鏡授精
・精子や胚の凍結保存
・無精子症に対する精巣精子を用いた顕微鏡授精

産婦人科のページへ

歯科口腔外科

歯科口腔外科

・インプラント(人工歯根)埋入手術

歯科口腔外科のページへ


先進医療(評価療養)

先進医療制度とは

先進医療とは、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。
また、先進医療は、健康保険法等の一部を改正する法律(平成18年法律第83号)において、「厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養」として、厚生労働大臣が定める「評価療養」の1つとされています。

※詳細については、実施診療科窓口へお尋ねください。
※治療費については、上記費用(保険診療外)以外に保険診療分の費用を請求させていただきます。

当センターで実施している先進医療一覧(高度医療を含む)

泌尿器科

 
技術名 核磁気共鳴画像一経直腸的超音波画像融合画像に基づいた前立腺生検
対象疾患 前立腺がん
内容 MRI画像と超音波画像を融合させ実施する生検法。超音波画像のみで行う従来の方法に比べてより小さな病変も見つけることができる。
費用 110,000円(税込)