ホーム  >  当センターについて  >  概要情報  >  医療の質・QI

医療の質・QI

当センターでは、平成24年度から日本病院会のQIプロジェクトに参加しており、平成27年度には医療の質委員会が設置され、臨床指標(QI)を用いて医療の質の向上につなげています。
各指標の数値は、患者さんの病気の種類、重症度、年齢など様々な要因に影響されるため、他の病院と単純に比較はできませんが、指標数値を測定し、経年変化を捉え病院全体の改善への取組みを継続していきたいと考えています。(算出方法が違う年度は掲載していません。)

1.患者満足度(外来患者)

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
満足 338 480 445 283 212
やや満足 220 277 322 151 133
どちらともいえない 67 85 95 43 263
やや不満 13 12 11 8 4
不満 9 10 5 1 1

【コメント】
平成29年度は、『満足』、『やや満足』と回答した外来患者率が減少し、『どちらともいえない』の回答が急増しています。診察までの待ち時間で満足度が低くなっているものと思われます。

2.患者満足度(入院患者)

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
満足 200 135 232 191 83
やや満足 64 48 62 73 21
どちらともいえない 19 10 22 17 5
やや不満 6 3 1 6 0
不満 0 0 2 3 1

【コメント】
近年は、「大変満足または満足」と回答した入院患者率は、概ね良好です。

3.入院患者の転倒・転落発生率(‰)

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
損傷レベル2以上 490 498 491 259 174
入院延べ患者数 246,409 234,444 234,388 232,658 229,562

【算出方法】
 分子 損傷レベル2以上 
 分母 入院延べ患者数

 

※損傷レベル2以上とは、包帯、氷、創傷洗浄、四肢の拳上、局所薬が必要になった、あざ・擦り傷を招いた軽度以上のもので、処置・治療が必要となったものをいう。

【コメント】
処置や治療が必要となった入院患者の転倒・転落発生率は減少しています。

4.褥瘡発生率

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
d2以上の新規発生患者数 156 121 149 154 175
入院延べ患者数 215,437 193,554 177,263 148,187 137,393

【コメント】
褥瘡発生率は、褥瘡と医療関連機器圧迫創傷の発生数から計算されます。褥瘡発生率は減少していますが、当センターのように重症度の高い入院患者が多ければ、医療機器の使用も増加し、医療関連機器圧迫創傷が増加します。そのため、褥瘡発生率は増加している現状です。

※医療関連機器圧迫創傷:ギプス、点滴、酸素マスクによる医療機器等で発生している創傷のこと

5.紹介率

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
紹介初診患者数 19,396 15,496 18,826 19,072 14,519
初診患者数 27,700 23,051 22,934 23,146 22,549

【コメント】
平成28年度までは紹介患者数で算出していましたが、平成29年度からは紹介初診患者数で算出していますので、減少しています。

6.逆紹介率

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
逆紹介患者数 12,408 14,850 15,400 16,379 18,733
初診患者数 27,700 23,651 22,934 23,146 22,549

【コメント】
初診患者のうち、当センターからの紹介状を持参し、かかりつけ医等受診された患者率は増加しています。

7.救急車・ホットライン応需率

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
救急車で来院した患者数 8,972 7,658 6,732 6,940 6,655
救急車受け入れ要請人数 9,091 7,942 7,132 7,578 7,302

【算出方法】
 分子 救急車で来院した患者数 
 分母 救急車受け入れ要請人数

 

※ヘリコプターによる搬送は除く。


【コメント】
救急車での受け入れ要請人数に対し、実際に来院した患者数は減少傾向です。

8.特定術式における手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与率

   平成25年度 平成26年度  平成27年度  平成28年度  平成29年度
 手術開始1時間以内に予防抗菌薬投与  410 394 400 500 606
 特定術式の手術件数 576 635 574 560 654

【コメント】
必要な方に対する予防抗菌薬投与は、平成28年度以降改善しています。

9.糖尿病患者の血糖コントロール

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
7.0%未満の外来患者数 8,314 7,414 6,903 7,347 7,032
患者数 10,490 10,992 11,026 11,289 11,504

【算出方法】
 分子 HbA1c(NGSP)の最終値が、7.0%未満の外来患者数      
 分母 糖尿病の薬物治療薬が外来で合計90日以上処方されている患者

【コメント】
コントロール良好な方は紹介しているのに伴い、平成26年度から70%を下回っています。