ホーム  >  当センターについて  >  特色と取り組み  >  医療安全推進室

医療安全推進室

医療安全推進室では、安全・安心な医療を提供するため、院内全般に係る医療安全対策の立案・実行・評価を含め、医療安全管理のための組織横断的な活動を行い、医療の質と安全性の向上を目指して取り組んでいます。

医療安全推進室メンバー

・医療安全推進室長(院長補佐兼血液内科部長)
・医療安全推進室副室長(形成外科部長)
・医療安全管理者(看護師長)
・医療機器安全管理責任者(医療技術部長)
・医薬品安全管理責任者(薬剤部長) など  計22名

内訳:
医師6名、看護師4名、薬剤師2名、臨床検査技師1名、診療放射線技師1名、臨床工学技士1名、理学療法士1名、管理栄養士1名、事務職5名
(※平成30年4月1日現在)
                             

医療安全推進室の主な活動

1. 医療安全に関すること
・インシデント・アクシデント事例の収集、分析
・院内ラウンドの実施
2. 医療安全に係る情報に関すること
・医療安全推進室リポートの発行
・医療安全に関する各種情報の院内周知
3. 医療安全に係る会議等に関すること
・医療安全管理委員会議の開催(月1回)
・医療安全ワーキングの開催(週1回)
・医療安全に関する各種ワーキングの開催(随時)
4. 医療安全に係る教育に関すること
・全職員対象医療安全研修会の開催(年2回)
・事例検討会等、各種医療安全に関する研修会の開催(随時)
・医療安全管理者養成研修会への職員派遣(毎年)
・新入職者対象医療安全研修会の開催
5. 医療対話推進者の養成に関すること
・医療対話推進者養成研修会の開催(年1回)
6. その他医療における安全に関すること
・患者相談窓口との連携
・医療事故調査制度に係る会議 等