ホーム  >  当センターについて  >  特色と取り組み  >  公開講座(赤十字県民大学)

公開講座(赤十字県民大学)


赤十字県民大学とは

日本赤十字社和歌山医療センターでは、赤十字活動の一環として、県民の皆様方に病気についての正しい知識を持って頂き、疾病の予防と早期発見に役立てて頂くため、昭和54年に「健康と病気の講座」を開講しました。続いて昭和57年には「病気と食物の講座」を開講し、さらに昭和59年には「赤十字家庭看護法の講座」(現在「家庭での介護の講座」に名称変更)を開講。これまでに延べ13万余名の方々が受講され、ご家庭や職場で活用していただいています。

令和3年度カリキュラム

2021年10月1日

令和3年度の赤十字県民大学は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、このホームページに動画を掲載し、お好きなときにご覧いただけるようにいたします。

開始日:2021年11月1日(月)~

令和3年度プログラム(予定)

 
講義 講師
和歌山県における新型コロナウイルス感染症の状況について 和歌山県福祉保健部技監
野㞍 孝子
がんセンターの目指すもの 院長 兼 がんセンター長
平岡 眞寛
胃がんの外科治療最前線 第一消化管外科部長
山下 好人
早期胃がんに対する内視鏡治療 第一消化器内科部副部長
赤松 拓司
放射線治療最先端 ~肺がんを例として~ 放射線治療科部長
根來 慶春
知っておくことで変わること ~もし、あなたががんと診断されたとき…~ 看護師長(がん看護専門看護師)
御園 和美
心臓病カテーテル治療の進歩 ~心筋梗塞から弁膜症まで~ 循環器内科部長
豊福 守
がんの予防 副院長 兼 第一消化器内科部長
山下 幸孝
知っておきたい新型コロナウイルスの話 感染症内科部長
古宮 伸洋
南海トラフ地震に備えて 災害医療救援センター長
中 大輔
高齢者に起こりやすい事故の予防と手当て 看護係長(看護部赤十字活動委員会)
井原 かおり
管理栄養士が伝える健康な食事のコツ 栄養課長(管理栄養士)
山本 陽子

令和3年度講義動画(準備中)

11月1日(月)に公開できるよう、準備を進めています。