ホーム  >  当センターについて  >  概要情報  >  施設認定・施設基準

施設認定・施設基準


施設認定・指定

高度救命救急センター

1986年(昭和61年)4月、和歌山県ではじめての救命救急センターとして開設以来、当地の救急医療をけん引し、2011年(平成23年)4月にはその実績と機能が認められ、全国42施設のみの高度救命救急センターに指定されています。
救命救急センターは、救急指定病院のうち急性心筋梗塞、脳卒中、心肺停止、多発外傷、重傷頭部外傷など、二次救急で対応できない複数診療科領域の重篤な患者に対し高度な医療技術を提供する三次救急医療機関です。

和歌山県総合災害医療センター

阪神・淡路大震災の教訓を生かすため、1996年(平成8年)5月、各都道府県に基幹災害医療拠点病院1ヵ所以上、2次医療圏ごとに地域災害医療拠点病院を設置することが定められ、1997年(平成9年)5月、当センターは地域災害医療拠点病院でありながら基幹としての役割を期待され、「和歌山県総合災害医療センター」として和歌山県から指定されています。
2017年(平成29年)3月、和歌山市内で津波等による水没が免れると予測されている唯一の災害医療拠点病院として、県北部のDMAT活動拠点本部として和歌山県の受援体制の協力を要請されました。
2019年4月、国内救護部門と国際救援部門を統合し、災害医療救援センターを開設し、さらに高度で柔軟な活動を展開しています。

第一種・第二種感染症指定医療機関

2011年(平成23年)10月、和歌山県知事より第一種感染症指定医療機関・第二種感染症指定医療機関に指定されました。
第一種感染症病室(2床)
第二種感染症病室(6床)
1998年(平成10年)、都道府県に1ヵ所一類感染症を取扱う第一種感染症指定医療機関の設置が定められています。和歌山県内には当センター以外に第一種感染症指定医療機関がなく、また、和歌山市・海南市・海草郡の2次医療圏にも第二種感染症指定医療機関がないため、近隣府県を含む行政など関係機関と連携し、訓練や研修を行っています。

臨床研修指定病院

臨床研修指定病院とは、医学部を卒業し、医師免許を取得した医師(研修医)が、卒後2年間、基本的な手技や知識を身につけるための初期研修を提供する病院です。
現在は、医師免許を得て臨床研修を受けようとする者(研修医)と、臨床研修を行う病院双方の希望を踏まえて組み合わせが決定される医師臨床研修マッチングシステムによって受け入れを行っています。当センターは、基幹型臨床研修病院として、協力型臨床研修病院や臨床研修協力施設とともに積極的に取り組んでおり、各診療領域の common disease から希少な疾患に至るまで様々な患者さんに対応できるよう医療資源が整備され、人材育成に力を注いでいます。昨今、研修医受け入れ定数に対し100%を超える応募があります。

地域がん診療連携拠点病院(高度型)

2019年(平成31年)4月、地域がん診療連携拠点病院(高度型) に指定されました。
がん診療連携拠点病院とは、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん診療の均てん化(地域間の診療レベルの格差を無くし質の高いがん医療を提供)のために、地域におけるがん診療連携を推進する中核となる病院です。厚生労働大臣が、都道府県知事からの推薦を受け、整備指針に基づき指定します。都道府県単位で1施設の「都道府県がん診療連携拠点病院」と、2次医療圏に1ヵ所の「地域がん診療連携拠点病院」の設置を求めています。

※ 地域がん診療連携拠点病院(高度型)は、下記の条件を満たし、診療機能が高いと判断された場合に同一医療圏に1ヵ所のみ指定されます。

▶「一般型」の要件に加え、望ましい要件を複数満たすこと
▶ 高度な放射線治療の実施が可能であること
▶ 同一医療圏の中で診療実績が最も優れていること
▶ 相談支援センターへの医療従事者の配置や緩和ケアセンターの整備が整っていること
▶ 医療安全に関する取り組みが行われていること

地域医療支援病院

2006年(平成18年)12月、かかりつけ医等との適切な役割分担と連携を図り、地域医療全体の充実を図れるとし、地域医療支援病院に承認されています。
紹介患者さんの診療だけでなく地域の診療所への逆紹介も積極的に行っています。救急医療の充実、地域のかかりつけ医との共同使用を促進し、院外の医療従事者への研修を実施するとともに、院内勉強会などへの参加を呼びかけています。

地域周産期母子医療センター

2011年(平成23年)5月、周産期(出産前後の時期)に係わる高度な医療を提供する地域周産期母子医療センターに承認されました。陣痛・分娩室と同フロアにNICU・GCUを備え、産婦人科と小児科、ときに小児外科も協力して対応しています。
県内や近隣地域の産院からの母体および新生児の搬送に応じ、母子の安全・安心のケアを大切に取り組んでいます。

エイズ治療拠点病院

2018年(平成30年)4月、地域における中核的な役割を担うエイズ治療拠点病院に指定されました。
日本国内では、毎年1,500名程度の新規HIV感染症/エイズ患者数が報告されていますが、治療薬の発達によって日和見感染症などの合併症で命を落とすことはほとんどなくなりました。適切に治療を受ければ一般的な日常生活を送ることができるような時代になっています。
HIV感染者は「HIVとともに生きる人々(Pepole living with HIV)と呼ばれることがありますが、こうした人々の予後が改善したことにより、地域で長期的に安心して受診できる診療体制を確立させられるよう、専門的な医療を提供するとともに、保健所などとも連携して予防活動を進めています。

日本医療機能評価機構認定病院

2019年(令和元年)6月、病院機能評価 機能種別版評価項目3rdG:Ver.2.0「主たる機能:一般病院2」へ認定更新しました。
※ 一般病院2:主として二次医療圏等の比較的に広い地域において急性期医療を中心に地域医療を支える基幹的病院

認定期間
2019年(令和元年)1月19日~2024年(令和6年)1月18日

病院機能評価とは
病院機能評価は、病院が組織的に医療を提供するための基本的な活動(機能)が適切に実施されているかどうか評価する仕組みで、評価調査者(サーベイヤー)が中立・公平な立場にたって、病院の活動状況を評価します。病院が評価課題に対して改善に取り組むことで、医療の質向上を図ります。

主な評価は、以下のとおりです。
1.患者中心の医療の推進
2.良質な医療の実践1
3.良質な医療の実践2
4.理念達成に向けた組織運営

日本赤十字社国際医療救援拠点病院

1985年(昭和60年)に助産師をエチオピア連邦民主共和国に派遣したのを皮切りに、その後も積極的に多くの職員が活動を継続したことが認められ、2000年(平成12年)、日本赤十字社より全国初の「国際医療救援拠点病院」に指定されました。

特定行為研修指定研修機関

2019年(平成31年)2月、看護師が実践的な能力、思考力および判断力ならびに高度かつ専門的な知識・技能を用いて、医師による手順書に従い、診療できるように技能を向上させるための研修を提供できる特定行為研修指定研修機関に指定されました。
日本赤十字社で行われる特定行為研修では、「特定行為に係る看護師の研修制度に関する調査」の結果を鑑み、5区分7行為となっています。当センターでは、3区分4行為(①栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連、②感染に係る薬剤投与関連、③血糖コントロールに係る薬剤投与関連)の研修から開始しています。

がんゲノム医療連携病院

2018年(平成30年)、がん診療の充実を図る中で、ゲノム医療を必要とするがん患者さんが全国どこでも「がんゲノム医療」を受けられる体制構築の一環として、がんゲノム医療中核拠点病院の1つである京都大学医学部附属病院との連携および設備や機能が認められ、がんゲノム医療連携病院に指定されました。

和歌山県アレルギー疾患医療拠点病院

2019年(令和元年)11月、県内におけるアレルギー疾患医療全体の質の向上を図ることを目的として、和歌山県アレルギー疾患医療拠点病院に指定されました。

拠点病院に期待されている役割
1.診療
2.情報提供
3.人材育成
4.研究
5.医学的見地からの助言・支援


当センターはDPC特定病院群です

当センターは、高度で質の高い医療を提供していることを評価され、厚生労働省より、和歌山県内で
唯一【DPC特定病院群】の指定を受けています。

基本診療料の施設基準など

(1)入院基本料

 一般病棟入院基本料 急性期一般入院料Ⅰ
 

(2)入院基本料加算

総合入院体制加算2
臨床研修病院入院診療加算
 救急医療管理加算
超急性期脳卒中加算
診療録管理体制加算1
医師事務作業補助体制加算1(25対1)
急性期看護補助体制加算(25対1)
夜間100対1急性期看護補助体制加算
看護職員夜間12対1配置加算1
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算
無菌治療室管理加算1
緩和ケア診療加算
栄養サポートチーム加算
医療安全対策加算1
 医療安全対策地域連携加算1
感染防止対策加算1
 感染防止対策地域連携加算1
 抗菌薬適正使用支援加算
患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
ハイリスク妊娠管理加算
ハイリスク分娩管理加算
呼吸ケアチーム加算
後発医薬品使用体制加算2
病棟薬剤業務実施加算1及び2
データ提出加算2
 提出データ評価加算
 入退院支援加算1
 入院時支援加算1及び2
 総合機能評価加算
認知症ケア加算1
 せん妄ハイリスク患者ケア加算
 地域医療体制確保加算


 

(3)特定入院料

救命救急入院料3及び4
救急体制充実加算2
特定集中治療室管理料4
 早期離床・リハビリテーション加算
 早期栄養介入管理加算
新生児特定集中治療室管理料2
新生児治療回復室入院医療管理料
一類感染症患者入院医療管理料
小児入院医療管理料2
 緩和ケア病棟入院料1

 

特掲診療料の施設基準など

(1)医学管理料

 外来栄養食事指導料の注2
 喘息治療管理料1
 心臓ペースメーカー指導管理料の注5に掲げる遠隔モニタリング加算
 糖尿病合併症管理料
 がん性疼痛緩和指導管理料
 がん患者指導管理料1・2・3
 移植後患者指導管理料
 糖尿病透析予防指導管理料
 乳腺炎重症化予防ケア・指導料
 婦人科特定疾患治療管理料
 腎代替療法指導管理料
 院内トリアージ実施料
 外来放射線照射診療料
 ニコチン依存症管理料
 開放型病院共同指導料
 がん治療連携計画策定料
 肝炎インターフェロン治療計画料
 薬剤管理指導料
 医療機器安全管理料1及び2
 診療情報提供(1)地域連携診療計画加算
 

(2)在宅医療

 在宅血液透析指導管理料
 持続血糖測定器加算

(3)検査

 遺伝学的検査
● 骨随微小残存病変量測定
 BRCA1/2遺伝子検査
 がんゲノムプロファイリング検査
 抗HLA抗体(スクリーニング検査)及び抗HLA抗体(抗体特異性同定検査)
 HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
 検体検査管理料(Ⅰ)及び(Ⅳ)
 遺伝カウンセリング加算
 遺伝性腫瘍カウンセリング加算
 心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
 時間内歩行試験
 胎児心エコー法
 ヘッドアップティルト試験
 皮下連続式グルコース測定
 神経学的検査
 補聴器適合検査
 全視野精密網膜電図
 ロービジョン検査判断料
 コンタクトレンズ検査料Ⅰ
 小児食物アレルギー負荷検査
 内服・点滴誘発試験
 センチネルリンパ節生検(併用)及び(単独)

(4)画像診断

 画像診断管理加算1及び2
 CT撮影及びMRI撮影
 冠動脈CT撮影加算
 外傷全身CT加算
 心臓MRI撮影加算
 乳房MRI撮影加算
 小児鎮静化MRI撮影加算
 頭部MRI撮影加算
 全身MRI撮影加算

(5)投薬

 抗悪性腫瘍剤処方管理加算

(6)注射

 外来化学療法加算1
 連携充実加算
 無菌製剤処理料

(7)リハビリテーション

 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
 がん患者リハビリテーション料
 歯科口腔リハビリテーション料2

(8)精神科専門療法

 認知療法、認知行動療法1 

(9)処置

 硬膜外自家血注入
 人工腎臓 
 導入期加算2

(10)手術

 組織拡張期による再建手術(一連につき)(乳房(再建手術)の場合に限る)
 後縦靭帯骨化症手術(前方進入によるもの)
 椎間板内酵素注入療法
 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む)及び脳刺激装置交換術
 脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのあるもの))
 緑内障手術(水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術)
 網膜再建術
 人工中耳植込術
 人工内耳植込術
 植込型骨導補聴器移植術及び植込型骨導補聴器交換術
 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅴ型(拡大副鼻腔手術)
 鏡視下咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む)
 鏡視下喉頭悪性腫瘍手術
 乳腺悪性腫瘍手術(乳がんセンチネルリンパ節加算1又は乳がんセンチネルリンパ節加算2を算定する場合に限る)
 乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの)及び乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴うもの))
 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
 肺悪性腫瘍手術(壁側・臓側胸膜全切除(横隔膜、心膜合併切除を伴うもの)に限る)
 食道吻合術等内視鏡によるもの
 腹腔鏡下食道悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
 縦隔鏡下食道悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる場合)
 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)
 経皮的中隔心筋焼灼術
 ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術(リードレスペースメーカーを含む)
 両心室ペースメーカー移植術及び両心室ペースメーカー交換術
 植込型除細動器移植術及び植込型除細動器交換術及び経静脈電極抜去術
 植込型心電図記録計移植術及び植込型心電図記録計摘出術
 両室ペーシング機能付き植込型除細動器移植術及び両室ペーシング機能付き植込型除細動器交換術
 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
 腹腔鏡下リンパ節群郭清術(後腹膜)
 腹腔鏡下胃切除術(内視鏡手術用支援機器を用いる場合)
 腹腔鏡下噴門側胃切除術(内視鏡手術用支援機器を用いる場合)
 腹腔鏡下十二指腸局所切除術(内視鏡処置を併施するもの)
 腹腔鏡下胃全摘術(内視鏡手術用支援機器を用いる場合)
 バルーン閉塞下経静脈的塞栓術
 経皮的大動脈遮断術
 ダメージコントロール手術
 胆管悪性腫瘍手術(膵頭十二指腸切除及び肝切除(葉以上)を伴うものに限る)
 体外衝撃波胆石破砕術
 腹腔鏡下肝切除術
 体外衝撃波膵石破砕術
 腹腔鏡下膵腫瘍摘出術及び腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
 腹腔鏡下直腸切除・悪性腫瘍(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
 体外衝撃波腎、尿管結石破砕術
 腎腫瘍凝固、焼灼術(冷凍凝固によるもの)
 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
 同種死体腎移植術
 生体腎移植術
 膀胱水圧拡張術
 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術
 人工尿道括約筋植込、置換術
 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器加算)
● 腹腔鏡下仙骨膣固定術
 腹腔鏡下膣式子宮全摘術(内視鏡手術用支援機器を用いる場合)
 腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに対して内視鏡手術用支援機器を用いる場合)
● 腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに限る)
 胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
 医科点数表第2章第10部手術の通則の19に掲げる手術
 (遺伝性乳癌卵巣癌症候群患者に対する乳房切除術に限る)
 (遺伝性乳癌卵巣癌症候群患者に対する子宮附属器腫瘍摘出術)
 輸血管理料Ⅰ
 輸血適正使用加算
 貯血式自己血輸血管理体制加算
 自己生体組織接着剤作成術
 人工肛門、人工膀胱造設術前処置加算
 胃瘻造設時嚥下機能評価加算

(11)麻酔

 麻酔管理料(I)(Ⅱ)

(12)放射線療法

 放射線治療専任加算
 外来放射線治療加算
 高エネルギー放射線治療
 1回線量増加加算
 強度変調放射線治療(IMRT)
 画像誘導放射線治療(IGRT)
 体外照射呼吸性移動対策加算
 直線加速器による放射線治療(定位放射線治療)
 定位放射線治療呼吸性移動対策加算
 画像誘導密封小線源治療加算

(13)病理診断

 病理診断管理加算1
 悪性腫瘍病理組織標本加算 

歯科

 歯科外来診療環境体制加算
 地域歯科診療支援病院歯科初診料
 クラウン・ブリッジ維持管理料
 CAD/CAM冠
 歯周組織再生誘導手術
 上顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る)(歯科)
 下顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る)(歯科) 

食事療養

● 入院時食事療養(I)
 
管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温の状態で配膳いたします。 


各学会等取得状況(学会名)

日本内科学会認定医制度教育病院

日本循環器学会認定循環器専門医研修施設

日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設

日本消化器病学会認定施設

日本糖尿病学会認定教育施設

日本血液学会認定医研修施設

日本外科学会外科専門医制度修練施設

日本眼科学会専門医制度研修施設

日本耳鼻咽喉科学会専門医制度研修施設

日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設

日本小児科学会小児科専門医研修施設・小児科専門医研修支援施設

日本泌尿器科学会専門医基幹教育施設

日本透析医学会認定医制度認定施設

日本皮膚科学会認定専門医研修施設

日本整形外科学会認定医制度研修施設

日本頭頸部外科学会研修施設

日本医学放射線学会放射線科専門医総合修練機関認定施設

日本脳神経外科学会専門医訓練施設  

日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院

日本麻酔科学会認定病院

日本呼吸器学会認定施設

日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡認定施設

日本胸部外科学会認定医認定制度指定施設

日本神経学会専門医制度教育施設

日本形成外科学会認定医研修施設

日本病理学会認定施設B

日本集中治療医学会専門医研修施設

日本救急医学会指導医指定施設

日本アレルギー学会認定教育施設(耳鼻科、小児科)

日本腎臓学会研修施設

呼吸器外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)

心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)

日本消化器内視鏡学会認定指導施設

日本周産期・新生児医学会専門医制度研修施設

日本臨床腫瘍学会認定研修施設

日本臨床微生物学会認定臨床微生物検査技師制度研修施設

日本医療薬学会認定薬剤師制度研修施設

日本がん治療認定医機構認定研修施設

日本口腔外科学会関連研修施設

日本乳癌学会認定施設

骨髄バンク非血縁者間骨髄採取・移植認定施設

臍帯血バンク移植認定施設

日本感染症学会認定研修施設

骨髄バンク非血縁者間末梢血幹細胞移植・採取施設

CVIT(日本心血管インターベンション治療学会)研修施設

日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師制度研修施設

日本認知症学会教育施設

日本気管食道科学会研修施設

日本輸血細胞治療学会臨床輸血看護師制度指定研修施設

日本小児血液学会・がん学会専門医研修施設

日本医療薬学会がん専門薬剤師認定制度

日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師研修事業施設

日本脳神経血管内治療学会研修施設

日本心身医学会研修診療施設

日本ペインクリニック学会指定研修施設

日本消化器外科学会専門医修練施設

日本乳房オンコプラスティックサージャリ—学会エキスパンダー実施施設

日本乳房オンコプラスティックサージャリ—学会インプラント実施施設

日本リウマチ学会教育施設

日本内分泌外科学会専門医認定施設

心臓血管麻酔専門医認定施設認定

日本小児外科学会教育関連施設

肝胆膵外科高度技能専門医修練施設B

日本放射線腫瘍学会認定施設