ホーム  >  がんセンター  >  臓器別がん診療ユニット  >  乳腺ユニット

乳腺ユニット


コンセプト・特色

コンセプト

乳腺外科医、放射線診断医、放射線治療医、病理診断医、薬物療法チーム、緩和ケアチーム、乳がん看護認定看護師、認定遺伝カウンセラー、マンモグラフィ撮影診療放射線技師、乳房エコー臨床検査技師等、多職種による連携により方針を決定し、トータル・ケアの提供を行います。

特色

一人ひとりの性格が異なるように、乳がんの性質も個々に違います。従って、診断や治療は、それぞれの患者さんのがんの状態・生活状況等に適した形で行っていきます。


対象疾患

対象疾患

  • 乳がん
  • 葉状腫瘍

詳しくはこちら

治療の特色

放射線治療が必要な場合は、放射線治療医から治療方針に関する説明をした上で治療をしていきます。再発乳がんや特殊ながん等で薬物療法に難渋する場合は、腫瘍内科とともに治療を行います。集学的な対応が必要と思われる骨転移に関しては、骨ユニットと連携し、乳腺外科、整形外科、放射線治療科、がん看護外来等で連携し、方策を検討・提案します。緩和医療が必要な場合は、緩和ケア内科と連携して外来で行っていきます。

受診の流れ

受診当日に3Dマンモグラフィ検査、乳腺超音波検査、組織生検を必要に応じ施行しています。また乳腺MRI検査(予約制)を用い、早急に結果をお伝えするシステムを構築しています。

乳がんと診断された場合は、毎週開催している乳腺ユニットキャンサーボード(がん治療に関わる医師や医療スタッフ等が集まり、患者さんの症状・状態・治療方針等を意見交換および確認するためのカンファレンス)で徹底的に検討し、最良の治療が提供できるよう努めています。

外来・入院を通じて、乳がん看護認定看護師等とともに、乳がん患者さんの意思決定支援やケアなどについて患者さん一人ひとりに合わせたきめ細かな医療を行っています。

遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)

乳がん患者さんにとって、BRCA遺伝子の変異の有無が手術術式や再発時の治療薬など、その後の治療方針に大きくかかわります。BRCA遺伝子の変異がある場合は、遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)と診断され、本人(発端者)だけでなく血縁者も含めた対応が必要となってきます。当医療センターでは、遺伝性腫瘍について疑問や迷うことがある方を対象に遺伝カウンセリングを行っています。遺伝カウンセリングを希望される方には、遺伝外来を受診いただき、がん看護外来等とも連携して対応していきます。


外来担当医表

場所

本館2階 がんセンターB

受付時間

新患:予約制
再来:予約制

乳腺ユニット

 
乳腺外科 鳥井 - 松谷 鳥井 松谷
- - - - -
放射線治療科 小倉 根來
平岡(午前)
交替制(午後)
根來 小倉

(2022年4月1日~)

※都合により変更する場合もありますのでご了承ください。
※赤字の名前は女性医師です


予約方法についてはこちらをご覧ください。

予約センター