ホーム  >  がんセンター  >  日赤がんセンター  >  概要

概要


理念

当医療センターの総合力を結集して、患者さん一人ひとりに合った最善のがん医療と心を込めた支援を提供します


キャッチフレーズ

ユニット診療による最善のがん治療をあなたに!


ロゴ

和歌山の「W」をモチーフにハートが生まれるデザインです。

和歌山県民にとってなじみのある和歌山の自然を想起する色を使い、患者さんに癒しと安らぎを与えます。

 



基本方針

地域がん診療連携拠点病院(高度型)として、検診から診断、治療、ゲノム医療、救急、緩和医療、患者支援、情報発信に至るまで、包括的ながん医療を提供します

各臓器がんの専門家が「臓器別がんユニット」に集結し、患者さんの意向を尊重しながら、1人ひとりに合った最善の治療を提供します

総合病院のメリットを生かしたがん医療を提供します

特色

臓器別がんユニットとは

臓器別がんユニットとは、がん診療のエキスパートが診療科の枠を超えて臓器別に結集し、患者さんの意向を尊重しながら、最良の治療法を決定するチームです。


ほとんどの臓器別がんユニットは本館2階のがんセンター内でユニット診療を行っています。このユニット外来に紹介された患者さんの情報は、その日のうちにユニットメンバーで共有できるシステムを構築していますので、診断から治療方針の決定までをユニット全体で迅速かつ適切に行うことができるようになっています。

 

それぞれのユニットには、外科系医師や内科系医師だけでなく、放射線治療科医や放射線診断医、腫瘍内科医など各分野のエキスパートが集結しています。それぞれの視点から病状を考察し、患者さんのご意向を伺った上で治療方法を決定します。


総合病院のメリットを活かしたがん医療の提供

急増している高齢のがん患者さんは、心疾患や糖尿病などの併存疾患をお持ちの方が少なくありません。総合病院では、循環器内科、呼吸器内科、糖尿病内分泌内科、腎臓内科、脳神経内科、精神科など各領域の専門医が揃っていますので、併存疾患を有する患者さんに対しても高度ながん医療を提供することが可能です。また、がん治療に伴う重篤な有害事象に対しても各専門科が迅速に対応します。

当医療センターが得意とする救急においても、オンコロジカル・エマージェンシー(がん治療の副作用で起こる緊急事態)にも迅速に対応します。


がんセンター組織図


フロアマップ

本館2階がんセンター