ホーム  >  がんセンター  >  がん治療  >  放射線治療

放射線治療


放射線治療とは

がんの3大治療は「外科治療(手術)」「薬物治療」「放射線治療」です。これらの手法を単独あるいは組み合わせて、それぞれの患者さんに最適な治療を複数の診療科で協議の上で提供します。

欧米先進国では、患者さんの60%以上に放射線治療が実施されていますが、日本ではその割合が30%程度に過ぎず、放射線治療がその役割を果たしきれていません。
放射線治療は、適応範囲が広く、根治(がんを制御する)として、ときに緩和(症状を和らげる)として、場面に応じて臨機応変にその適応を幅広く考えることができます。手術と比較すると全身麻酔が不要で、侵襲が少ないため、若い方はもちろん、体力的に不安のある高齢の方にも受けていただけます。相乗効果を狙って、抗がん剤を併用する場合もあります。その際は入院が必要なことも多いですが、放射線治療のみの場合は、ほとんど外来通院で治療が受けられるのもメリットです。そのままの日常生活を維持できることも多く、仕事を続けながら放射線治療を受ける方もいらっしゃいます。また、切除するのと異なり、その臓器の形態・機能の温存が期待できることも大きな特長です。

近年のコンピュータ技術の発展に伴い、腫瘍のみに放射線を絞って、なるべく周りへの被ばくを低減する技術はどんどん進歩しており、免疫療法などの薬物治療の進歩とも相まって、根治治療としての活躍の機会がさらに増えてきています。当医療センターでは、高精度放射線治療(強度変調放射線治療、定位放射線治療)を積極的に行っており、和歌山・泉州地域で最も実施している施設のひとつです。最新の放射線治療装置とともに、それに関わる専門職スタッフも充実しており、放射線治療の品質管理体制も整っています。近隣では唯一の日本放射線腫瘍学会認定施設です。みなさまに安心して治療いただけるように日々努めています。

以下に根治治療としての放射線治療の効果を具体的に示します。

根治治療としての放射線治療の効果

肺がんに対する定位放射線治療の症例を2例お示しします。いずれも左が治療前、右が治療後です。放射線治療後の影響で肺に少し跡を残すのみで、がん自体は消失していることが分かります。手術に匹敵する効果があるとされ、特に高齢者には適した治療法といえましょう。

子宮頸がんに対する化学放射線治療(抗がん剤と放射線治療の組み合わせ)の症例です。左が治療前、右が治療後で、腫瘍が著明に縮小しているのが分かります。手術と同等の効果があるとされています。特に進行期では化学放射線治療が望ましいでしょう。

前立腺がんの場合は、腫瘍マーカーであるPSA(前立腺特異抗原)の数値で治療効果を判断することもあります。照射後に反応してPSAが順調に低下していることが分かります。こちらも手術と同等な効果が得られるとされています。

強度変調放射線治療(IMRT)と定位放射線治療の治療例

次に放射線治療の技術的な側面から、高精度放射線治療といわれる強度変調放射線治療(IMRT)と定位放射線治療の具体例をお示しします。

強度変調放射線治療(IMRT)の一例です。従来の方法(左図)と比べてIMRT(右図)を用いることにより、当てたい場所(リンパ節領域)への線量を担保しつつ、当てたくない場所(腸管)への線量を低減させることができています。IMRTは「限局性固形悪性腫瘍」であれば保険適応となっており、意義があると考えられる場合には積極的にこの照射法を用いるようにしています。

定位放射線治療の一例

全脳照射の一例


定位放射線治療の一例を示します。転移性脳腫瘍の症例ですが、それぞれの病変へ高線量が集中しているのが分かります。全脳照射の場合は、病態によっては脳全体に放射線を当てた方がよいと考えられる場合もあります。定位放射線治療は、保険適応が拡大してきており、脳腫瘍のほか、頭頚部腫瘍、原発性肺がん、原発性肝がん、原発性腎がん、原発性膵がん、前立腺がん、転移性肺がん、転移性肝がん、転移性脊椎腫瘍、オリゴ転移、など様々な疾患が対象になります。病変のサイズや個数などが問題になることもあり、詳しくは担当医までご相談ください。


高精度放射線治療センター

各種ユニットと連携し、それぞれの患者さんに最適な放射線治療を実施します。特に、近年発展が著しい、高精度な放射線治療を積極的に活用します。

全てのユニットでそれぞれの担当科と治療方針を協議・判断します。放射線治療医、診療放射線技師、医学物理士など専門スタッフにより、最新の放射線治療を行っています。

担当医表

がんセンター各ユニットと協働し、放射線治療を行っています。

放射線治療の前後にかかる診察を受けられる方

場所

本館2F がんセンターB

受付時間

初診、再診ともに「完全予約制」です。
診察を希望される方は必ず事前に予約してください。

予約方法
★初診
①他の医療機関からの紹介状がある場合  
 →予約センターにて予約(0120-936-385)
  予約受付時間  平日 9時~19時
            土曜日 9時~13時
           ※ 日・祝日を除く

②他の医療機関からの紹介がない場合
 →まず、当医療センター内の、他の診療科を受診して
  ください  
  放射線治療が必要なら、その科から予約手続きを
  行います

★再診
 がんセンターB受付にて予約(073-422-4171)
 予約受付時間  平日 9時~17時
   
区分 水  木  金 
AC 小倉 根來 平岡 根來 小倉
(交替制) (交替制) - -  

(2021年9月1日~)

※ 区分

(A:紹介予約 B:当日初診 C:予約再診 D:当日再診)

※ 放射線治療に関する相談・説明(初診)および治療終了後の再診の方が対象です。

※ 都合により変更する場合もありますのでご了承ください。

放射線治療中の方

場所

本館地下1階(高精度放射線治療センター)

受付時間

放射線治療中の、体調不良その他のご連絡は、本館地下1階 高精度放射線治療センター受付まで(073-422-4171)
受付時間  平日 9時~17時
  
区分 水  木  金 
  根來 小倉 亥埜 小倉 根來

(2021年9月1日~)

 

※ 放射線治療中の患者さん(照射を受けられている方)が対象です。
※ 放射線治療前の相談・説明(初診)や、治療終了後の再診は、本館2階のがんセンターで行っています。

※ 都合により変更する場合もありますのでご了承ください。

※ 赤字の名前は女性医師です。