ホーム  >  がん診療への取り組み  >  ご案内一覧  >  薬物(化学)療法(治療3)

薬物(化学)療法(治療3)


外来化学療法とは

現在、社会の高齢化に伴って2人に1人ががんと診断される時代です。一方、がん検診等の普及による早期発見、診断や治療技術の進歩に伴い、がんに罹っても長く生きることができる時代になってきました。そうしたがんをやっつける治療には、大きく3種類の方法があります。①手術療法、②放射線療法、③化学療法です。化学療法は、手術や放射線による治療と比較すると長期間に及ぶことが多いため、以前は入院で治療を行うことが多かったです。しかし、最近は抗がん剤や副作用に対する薬や支持療法の改良により、入院と同じ治療を外来で安全に行えるようになりました。また、最近話題の免疫療法も外来で行われています。こうして家事や仕事など普段の生活を続けながら、外来で化学療法(=外来化学療法)を続けることが可能になり、厚生労働省も治療を受けながら安心して働ける職場づくりを支援しています)。

通院治療センターの概要


当センターでは、日常生活を送りながら外来で治療を継続できるよう、平成12年より点滴室(現、中央点滴室、通院治療センター)を開設しました。点滴や輸血といった治療は中央点滴室で、外来化学療法は通院治療センターで実施しております。外来が各療法を行っている対象疾患は、乳がん、肺がん、消化器がん(胃がん、大腸がん、胆のうがん、膵臓がんなど)、婦人科がん(子宮体がん、子宮頸がん、卵巣がん)泌尿器がん(腎臓がん、前立腺がん)、造血器悪性腫瘍(悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)、頭頚部がんです。院内のがん化学療法委員会で承認された治療を、年間延べ10,859人(入院:4,747人、外来:6,112人)実施しています。まだ外来での化学療法の実施数は年々増加傾向です。

通院治療センターにはベッド12床、リクライニングチェアー8床を備え、各ブースにはテレビ、テーブルを設置し、くつろいで治療していただけるよう配慮しております。点滴中の様々な状況に対応できるよう、センター内に専従の看護師および薬剤師が待機しております。トイレも設置し、付き添いの方も待機頂けるよう多数の椅子を準備して、安心・快適に治療を受けて頂けるよう工夫を凝らしております。


薬物(化学)療法におけるチーム医療

医師の役割

各診療科の医師(主治医)は、各科のカンファレンスを通して、チームで個々の患者さんの病状に合った治療法を選び、最終的に本人・家族と相談の上、治療法が決定します。初回の化学療法は入院で行っていることが多く、医師・患者さんとも副作用をある程度把握した上で、外来治療に移行します。
化学療法当日は、採血検査や診察を通じて、患者さんの体調を確認した上で、投与実施の可否を判断致します。実施確定後も、治療効果の判定、副作用の状況などを確認しながら、治療法を適宜調整していきます。

看護師の役割

通院治療センターの看護師は、患者さんが安全・安楽に治療を受けていただけるよう、点滴管理や、アレルギー出現時の早期対応などを実施しています。また、副作用を軽減するための方法や副作用出現時の対応について説明し、患者さんが安心して通院できるようセルフケア支援にも努めています。診察前の問診では、得た情報を各科外来に提供し、情報共有するとともに、がん相談支援センターなどとも連携を取りながら、患者さんがご自宅で安心して過ごすことができるよう支援しています。

薬剤師の役割

通院治療をより安全に行えるよう取り組んでいます。
具体的には、抗がん薬処方内容の確認や患者さんの検査値の確認などを行ったうえで、使用される薬剤の説明や日常生活における注意点の説明を行っています。また、副作用は使用する薬剤や患者さんによって異なるため、患者さん個人に合わせた副作用対策に積極的に関わっています。
がん専門薬剤師をはじめ、がんに関わる資格を持った薬剤師が対応しています。