ホーム  >  当センターについて  >  特色と取り組み  >  公開講座(赤十字県民大学)

公開講座(赤十字県民大学)


赤十字県民大学とは

日本赤十字社和歌山医療センターでは、赤十字活動の一環として、県民の皆様方に病気についての正しい知識を持っていただき、疾病の予防と早期発見に役立てていただくため、昭和54年に「健康と病気の講座」を開講しました。続いて昭和57年には「病気と食物の講座」を開講し、さらに昭和59年には「赤十字家庭看護法の講座」(現在「家庭での介護の講座」に名称変更)を開講。これまでに延べ13万余名の方々が受講され、ご家庭や職場で活用していただいています。

令和3年度カリキュラム

2021年11月1日

令和3年度の赤十字県民大学は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、昨年度に続き、従来の大人数が一堂に集まる形式ではなく、動画をホームページ上で公開し、視聴いただくことになりました。

令和3年度講義動画」に、最近の治療法や予防について、感染症や災害対策など様々な動画を掲載しています。見たいときに、興味のある動画から視聴ください。

令和3年度プログラム

 
 
講義 講師
和歌山県における新型コロナウイルス感染症の状況について 和歌山県福祉保健部技監
野㞍 孝子
がんセンターの目指すもの 院長 兼 がんセンター長
平岡 眞寛
胃がんの外科治療最前線 第一消化管外科部長
山下 好人
早期胃がんに対する内視鏡治療 第一消化器内科部副部長
赤松 拓司
放射線治療最先端 ~肺がんを例として~ 放射線治療科部長
根來 慶春
知っておくことで変わること ~もし、あなたががんと診断されたとき…~ 看護師長(がん看護専門看護師)
御園 和美
心臓病カテーテル治療の進歩 ~心筋梗塞から弁膜症まで~ 循環器内科部長
豊福 守
がんの予防 副院長 兼 第一消化器内科部長
山下 幸孝
知っておきたい新型コロナウイルスの話 感染症内科部長
古宮 伸洋
南海トラフ地震に備えて 災害医療救援センター長
中 大輔
高齢者に起こりやすい事故の予防と手当て 看護係長(看護部赤十字活動委員会)
井原 かおり
管理栄養士が伝える健康な食事のコツ 栄養課長(管理栄養士)
山本 陽子

令和3年度講義動画

動画を視聴される際は、インターネットの接続を安定させるため、有線LANやWi-Fiが安定していることをご確認の上、お楽しみください。

和歌山県における新型コロナウイルス感染症対策について(18分)

  • 講師:和歌山県福祉保健部技監 野㞍 孝子

和歌山県における第一波から第五波の感染動向の推移をはじめ、感染者の年齢分布や感染経路の推定、症状の変化などを詳しく説明しています。

がんセンターの目指すもの(11分7秒)

  • 講師:院長 兼 がんセンター長 平岡 眞寛

2人にひとりがかかると言われているがん。当がんセンターの3つの特長をお話しし、令和4年、がんセンターに導入する医療機器などもご紹介します。

胃がんの外科治療最前線(8分39秒)

  • 講師:第一消化管外科部長 山下 好人

胃がんには、手術や内視鏡治療、薬物療法など多角的な治療があります。胃がんの病態や診断・治療の流れ、ロボットを使った手術、術後のケアなどについてお話しします。

早期胃がんに対する内視鏡治療(7分55秒)

  • 講師:第一消化器内科部副部長 赤松 拓司

胃がんに関する統計をお話しし、続いて胃がんに対する内視鏡治療や早期発見の重要性についてお話しいたします。

放射線治療最先端 ~肺がんを例として~(12分10秒)

  • 講師:放射線治療科部長 根來 慶春

がん治療は、手術、薬物療法、放射線治療が 3 本柱です。現在の放射線治療は、ハイテクな高精度治療です。肺がんを例に、高精度放射線治療をお話します。

知っておくことで変わること ~もし、あなたががんと診断されたとき…~(10分48秒)

  • 講師:看護師長(がん看護専門看護師) 御園 和美

がん患者さんを支えるがん相談支援と緩和ケアをご紹介します。がん相談支援では、必要かつ信頼できる情報の提供、緩和ケアでは、がんと診断された時から、あなたらしさを重視し、生活の質向上を目指した支援を行っています。

心臓病カテーテル治療の進歩 ~心筋梗塞から弁膜症まで~(8分23秒)

  • 講師:循環器内科部長 豊福 守

高齢で発症する大動脈弁狭窄症について、医療器具・治療法などの進歩、血管内に細い管を通して行う新しい心臓カテーテル治療についてお話しします。

がんの予防(8分16秒)

  • 講師:副院長 兼 第一消化器内科部長 山下 幸孝

国民の半数以上が生涯のうち一度はがんにかかるとされています。がんの予防方法を、3つの段階に分けてご紹介します。適切な生活習慣でがんを予防し、健康寿命を伸ばしましょう。

知っておきたい新型コロナウイルスの話(9分10秒)

  • 講師:感染症内科部長 古宮 伸洋

新型コロナウイルス感染症の症状や有効な感染予防方法、新型コロナワクチンの安全性などについてお話しています。正しい感染対策とワクチン接種が、感染収束につながります。

南海トラフ地震に備えて(13分)

  • 講師:災害医療救援センター長 中 大輔

南海トラフ地震に備え、自身を守るために日頃からどのような避難の準備をして行動するべきかをお話しします。また災害が起こったときの自助・共助・公助についてもアドバイスしています。

高齢者に起こりやすい事故とその予防(7分17秒)

  • 講師:看護係長(看護部赤十字活動委員会) 井原 かおり

赤十字健康生活支援講習から、「熱中症」「骨折」「意識不明」「やけど」「食べ物をのどにつめたとき」「入浴」「交通事故」などの項目についてお話しします。

管理栄養士が伝える健康な食事のコツ(8分29秒)

  • 講師:栄養課長 山本 陽子

『食事を楽しみながら健康に』をテーマに、体に必要な栄養素やそのバランスのとり方、外食時のメニューの選び方などについてお話します。不足しがちな栄養素を補えるお手軽一品レシピも紹介しています。

後援
和歌山県・和歌山県教育委員会・和歌山市


令和3年度赤十字県民大学 視聴アンケート(プレゼント応募フォーム)

ご視聴アンケートにご協力お願いします。

1月31日までに5つ以上ご視聴の上、アンケートに回答いただいた方から抽選で100名様に赤十字グッズ(ボールペン・タオルセット)を郵送します。プレゼントは2022年3月末までに発送する予定です。

(注意)

  • ・プレゼント抽選の対象は、アンケートのQ1で5つ以上選択いただいた方です。アンケートを複数回答された場合は、視聴講義数を合計します。
  • ・プレゼントの発送先は、日本国内に限定させていただきます。
  • ・当選者の発表は、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。電話やメールでのお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。
  • ・本プレゼントは、アンケート専用フォームよりご応募を受付けています。郵便、電子メール、Fax等からのご応募はできません。
  • ・住所の記入ミス、登録後の住所変更等の事由によりプレゼントが届けられない場合は、当選を取り消させていただく場合があります。

アンケートはこちらから


過去のプログラム

令和2年度

 
講義 講師
和歌山県における保健・医療対策 和歌山県福祉保健部技監
野㞍 孝子
日赤和歌山がんセンターがオープン
-ユニット診療による最善のがん治療をあなたに-
院長
平岡 眞寛
新型コロナウイルス感染症について 感染症内科部長
古宮 伸洋
院長補佐 兼 医療社会事業部長
中 大輔

令和元年度

 
健康と病気
講義 講師名
和歌山県における保健・医療対策 和歌山県福祉保健部技監
野㞍 孝子
がんの最新情報 院長
平岡 眞寛
患者本位のがん治療を求めて-胃外科の立場から— 消化管外科部長
山下 好人
がん患者の支援 血液内科部長
直川 匡晴
がんゲノム医療の現状と未来 乳腺外科部長
芳林 浩史
免疫チェックポイント阻害剤による肺がん治療 第一呼吸器内科部長
杉田 孝和
ハイブリッド手術室×ハートチームが可能にする心臓血管治療 心臓血管外科部長
金光 尚樹
心臓血管術後の早期リハビリテーション 理学療法士
林 広太郎
禁煙は次世代への贈り物
Part1 子どもたちへ伝えよう、タバコの真実
禁煙教育ボランティアの会和歌山 かわらの小児科
西畑昌治
禁煙教育ボランティアの会和歌山 玉置歯科医院
玉置 敬一
Part2 タバコと新型タバコの最新情報 第二呼吸器内科部長
池上 達義
赤十字の国際救援活動 災害医療救援センター 副センター長
古宮 伸洋
被災時の自助・公助・共助 災害医療救援センター センター長
中 大輔
 
家庭での介護
講義 講師名
元気で長生きするために 赤十字健康生活支援講習指導員
井上 有美
からだの動かし方・移乗の仕方 赤十字健康生活支援講習指導員
井原 かおり
からだの清潔と着替えの仕方 赤十字健康生活支援講習指導員
岩﨑 多寿
食事、排泄のお世話 癒しのハンドケア
赤十字健康生活支援講習指導員
平岩 そよ子
認知症への対応について災害に役立つ知識
赤十字健康生活支援講習指導員
北山 加津子
応急手当・幼児安全について
赤十字幼児安全法指導員
畑中 保子
 
病気と食物
講義 講師名
生活習慣病予防の食事
管理栄養士
山本 陽子
健康長寿の食事 管理栄養士
奥 智子

平成30年度

 
健康と病気
講義 講師名
和歌山県における保健・医療対策 和歌山県福祉保健部技監
野㞍 孝子
がんの最新情報 院長
平岡 眞寛
これからの緩和ケアの在り方について 副院長 兼 放射線治療科部長
筒井 一成
当センターの緩和ケア病棟「ひなげし」について 看護部看護師長
西山 恵理
ロボット手術が拓く未来 消化管外科部長
山下 好人
第一泌尿器科部長
伊藤 哲之
心臓・血管の病気 循環器内科部副部長
豊福 守
心臓・血管の手術 心臓血管外科部長
江﨑 二郎
心臓・血管のリハビリテーション 理学療法士
上野山 佳男
お薬を知る~その薬大丈夫?~ 薬剤部長
阪口 勝彦
口腔ケアについて 歯科口腔外科部副部長
平石 幸裕
歯科衛生士
中尾 美恵
歯と口腔についてー全身疾患と介護ー 和歌山県歯科医師会 常務理事
高木 健次
食物アレルギーの最近の話題~エピペンの使い方~ 副院長 兼 小児科部長
吉田 晃
心肺蘇生術AEDの使用法 外傷外科部長
岩﨑 安博
和歌山市消防局
 
家庭での介護
講義 講師名
元気で長生きするために、認知症について
(※認知症サポーター養成も兼ねる)
赤十字健康生活支援講習指導員
中本 美江
からだの動かし方 赤十字健康生活支援講習指導員
素川 美雪
食事・排泄のお世話 赤十字健康生活支援講習指導員
木下 里果
からだの清潔と着替えの仕方 赤十字健康生活支援講習指導員
久世 祐子
応急手当・幼児安全について 赤十字幼児安全法指導員
岡田 静香
災害時に役立つ知識・癒しのハンドケア 赤十字健康生活支援講習指導員
北野 尚美
 
病気と食物
講義 講師名
高血圧予防の食事 管理栄養士
奥 智子
貧血予防の食事 管理栄養士
奥 智子
糖尿病予防の食事 管理栄養士
山本 陽子
骨粗鬆症予防の食事 管理栄養士
奥 智子
便秘症予防の食事 管理栄養士
山本 陽子
肥満予防の食事 管理栄養士
山本 陽子