ホーム  >  診療科・部門一覧  >  集中治療部  >  概要

集中治療部


当科について

概要

集中治療室は全身の循環管理、呼吸管理など一般の病室では行えない密度の濃い治療を行うところです。最新の知見に基づいた医療を、semi-closed ICU形式で各科と協力しながら行っています。
救命救急センターに搬送されてくる3次救急患者を対象とした集中治療室(救命ICU)と、院内手術後・院内急変患者を対象とした集中治療室(院内ICU)から構成されます。内科的救急疾患、心肺停止蘇生後、外傷などさまざまな疾患を診ています。
当ICUは日本集中治療医学会の専門医研修施設の認定を受けています。

最新の活動については、当集中治療部のfacebookページもご覧ください。

病床数

・救命ICU 22床(CCU、SCU兼用)
・院内ICU 8床(CCU、SCU兼用)

施設認定

日本集中治療医学会 集中治療専門医研修施設

対象疾患

救命ICU
重症敗血症、多発外傷、重症急性膵炎、急性薬物中毒、薬剤過量服用、広範囲熱傷、心肺停止蘇生後など
院内ICU
大手術または高リスクな手術症例、院内発症の重症敗血症や心肺停止蘇生後など

学術活動

以下のテーマを中心に学術活動に日々取り組んでいます。

  • 敗血症・重症患者治療
  • 人工呼吸器の最適な使用
  • 呼吸サポートチーム(RST)活動

教育

研修医教育にも力を入れています。当センターでは救急研修として、救命救急センター救急外来と集中治療室での診療を行っています。重症患者の初期診療から集中治療までを一貫して行い、急性期診療の総合力を養うことを目標としています。また、研究会・学会発表の指導も積極的に行っています。

主な内容:ICUカンファレンス(毎朝)、ミニレクチャー(随時)、勉強会・抄読会(週2回)、症例検討会(月2回)

医師募集のご案内

当集中治療部は、33,000人/年の救急受診者数を誇る高度救命救急センターの集中治療室 Emergency ICUと、院内大手術後や院内急変患者を対象とする Surgical / General ICUとを兼ね備えた日本でも数少ない施設です。ICU病床数は和歌山県の病院で最多です。運営形式は限りなくclosed寄りのsemi-closed ICUであり、全身管理にとどまらずさまざまな病態の診断・治療をチームの中心となって行っています。EmergencyやSurgicalの一方に偏らない総合的な集中治療を学びたい方にはお勧めです。

また、スタッフは高度救命救急センター救急外来も交代で担当しています。当救急センターは日本救急医学会の救急科専門医指定施設であり、当救急・集中治療部の研修で集中治療専門医と救急専門医の両方が取得可能です。

見学、研修とも随時受け付けています。

見学・研修に関するお問い合わせ
 日本赤十字社和歌山医療センター 研修課
  Tel. 073-422-4171㈹ 

お問い合わせフォーム

 採用に関するお問い合わせ
 日本赤十字社和歌山医療センター 人事課
  Tel. 073-422-4171㈹
  Fax. 073-426-1168

お問い合わせフォーム

救命ICU

ICUカンファレンス


ICUラウンド



スタッフ紹介

医師

中 大輔 (なか だいすけ)

役職 部長(兼)
卒業年 平成元年
専門分野 脳卒中、頭部外傷、災害医療
資格 医学博士
日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本社会医学会指導医
日本DMAT隊員
和歌山県統括災害医療コーディネーター
日本赤十字社災害医療コーディネーター

是枝 大輔 (これえだ だいすけ)

役職 副部長
卒業年 平成18年
専門分野 集中治療・急性血液浄化
資格 日本集中治療医学会集中治療専門医
日本透析医学会透析専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本内科学会認定内科医

是永 章 (これなが あきら)

役職 医師
卒業年 平成22年
専門分野 集中治療、ER型救急
資格 日本救急医学会救急科専門医
日本救急医学会ICLSアシスタントインストラクター

東出 靖弘 (ひがしで やすひろ)

役職 医師
卒業年 平成23年
専門分野 消化器一般外科
資格 日本外科学会外科専門医



集中治療部