骨粗しょう症や骨折を予防したい中高年に皆さんに、伸びざかりの子どもさんに、 妊娠中のママさんに、いきいき暮らす多くの方にカルシウムたっぷりのレシピを お届けします。

鮭マヨサラダ

2022/07/04

コツコツCaレシピ(第4回)  

鮭マヨサラダ

 

鮭缶を使った、アッサリした味つけのポテトサラダです。

 

 

材料 (1人分)

じゃがいも・・・・・・・・・・50g (小1個)

鮭缶・・・・・・・・・・・・・・30g

玉ねぎ・・・・・・・・・・・・ 10g

きゅうり・・・・・・・・・・・・・10g

人参・・・・・・・・・・・・・・・10g

マヨネーズ・・・・・・・・・・・ 8g(小さじ2)

ヨーグルト・・・・・・・・・・・・ 8g(小さじ2)

塩・こしょう・レモン汁・・・少々

 

※作りやすい分量に倍増してください。

 

作り方

① じゃがいもはじゃがいもは約1cmの角切りにし、人参は薄めのいちょう切りにする。耐熱皿にドーナツ状に入れ、ふんわりラップして電子レンジで加熱する。

 

② きゅうりは薄切りにして塩でもみ、水気を切る。玉ねぎは薄くスライスし、塩少々をふって15分程おき、しんなりしたら流水でもみ洗いをしてから水気を切っておく。

 

③ 鮭缶は汁を切ってボウルに入れ、レモン汁で和え、マヨネーズ、ヨーグルトを加えて混ぜる。

 

④ ③のボウルに①②の野菜を混ぜ合わせ、塩こしょうで味を整える。

 

 

料理のポイント

マヨネーズにヨーグルトを加えることで、よりアッサリした味つけになります。

 

鮭缶は、ツナ缶と同じように使えます。中骨や皮が入っていても、かみ砕ける柔らかさなので、それも加えると、よりカルシウムが摂取できます。

 

マスタードやカレー粉を加えると、風味に変化がつきます。

 

パンに挟んでサンドイッチにしたり、食パンにポテトサラダとチーズを乗せてトーストするなどのアレンジもおススメです。

 

 

■栄養量(1人分)

エネルギー 161kcal

カルシウム  80mg

 

 

(文・写真) 日本赤十字社和歌山医療センター 栄養課

日本赤十字社 和歌山医療センター病院サイトはこちら

Share

この記事を気に入ったならシェアしよう!