日頃抱えてしまっている料理のお悩みが少しでも楽になれば…。そんな思いで、病院の管理栄養士が考えたレシピと食材についてのあれこれを記事にしています。体にもお財布にも心にもやさしいレシピをご提供していきます。

わかめのピリ辛ナムル

2020/06/01

 

ナムルは、野菜を調味料とゴマ油で和えた韓国の家庭料理で、作りおきでき、冷蔵庫で数日の日持ちがするため、常備菜として活用できます。

 

わかめには水溶性の食物繊維が多く、大腸の働きを促進し腸内環境を整えるので、便秘解消につながります。

 

また、腸内のコレステロールなども一緒に排泄するので、大腸がんや動脈硬化の予 防も期待できます。

 

 

材料 (2人分)

乾燥わかめ……………大さじ1

玉ねぎ…………………1/4個

貝割れ大根……………1/4パック

カニ風味かまぼこ………3本

A[酢……大さじ2、醤油……小さじ2、中華風スープの素……小さじ1、チューブ入りにんにく……少々、七味唐辛子……適量、ごま油・白ごま……適量]

 

 

作り方

① 乾燥わかめは水で戻し、しっかり水気をきる。

 

② 玉ねぎは薄切りにし、貝割れ大根は根を落として半分に切る。

 

③ ボウルにAの調味料を入れて混ぜ、手で割いたカニ風味かまぼこと、①②を加えて和える。

 

 

料理のポイント

わかめのナムルは、低カロリーである上に満腹感も得られ、和えるだけで簡単に作れます。

 

塩蔵わかめを水に浸し、塩出しして同様に料理できます。わかめの塩味が強い場合は、醤油を少し減らしてください。

 

あと1品ほしい時やお弁当のおかず、酒の肴などにもお勧めです。

 

食物繊維の豊富な食材をメニューに取り入れ、腸を活性化させましょう。

 

 

■栄養量(1人分)

エネルギー 60kcal

タンパク質 1.8g

食物繊維 1.5g

 

(文・写真) 日本赤十字社和歌山医療センター 栄養課

詳しくはこちら

日赤和歌山医療センターHP

Share

この記事を気に入ったならシェアしよう!