日頃抱えてしまっている料理のお悩みが少しでも楽になれば…。そんな思いで、病院の管理栄養士が考えたレシピと食材についてのあれこれを記事にしています。体にもお財布にも心にもやさしいレシピをご提供していきます。

ポリ袋で作る ! クリスマスディナー

2019/12/02

 

ポリ袋に食材と調味料を入れて、沸騰した湯で加熱する料理をご紹介します。

 

半真空状態で調理するので栄養素や旨みを逃さず、油も使わないのでヘルシーな上、同時に何品も作れたり、多くの調理器具を汚さず後片付けも楽チン!と、利点がいっぱいの調理法です。

 

シチューに入っているブロッコリーは、ビタミンC量がレモン果汁の2倍と多く、風邪予防に効果的です。水に溶けやすいビタミンCですが、シチューなど汁物にすると余すところなく摂取できます。

 

 

材料(2人分)

 

◎ チキンロール

鶏胸肉……………………1枚

ミックスベジタブル……適量

塩・こしょう……………少々

A(顆粒コンソメ…小さじ1、水…大さじ2)

キャベツ(付け合せ)…適量

 

◎ クリームシチュー

じゃが芋・玉ねぎ………各1個

人参……………………… 1/3本

ブロッコリー…………… 1/4房

ベーコン…………………2枚

B(シチューの素(顆粒)…大さじ3、水…300㏄、牛乳…100㏄)

 

作り方

① チキンロールの鶏胸肉は厚さを均等に切り開いて塩・こしょうし、ミックスベジタブルを並べてロール状に巻き、ポリ袋にAと一緒に入れる。

② シチューの材料をすべてひと口大に切り、ポリ袋にBと一緒に入れて軽く混ぜる。

③ キャベツを適当な大きさに切り、ポリ袋に入れる。

④ 水を張ったボウルにポリ袋を浸けて手で押さえ、水圧を利用して空気を抜き、口をねじって袋の上の方で固く縛る。

⑤ 鍋底に皿を入れてたっぷりの湯を沸かし、すべての袋を入れて弱~中火で約30分(キャベツは10分)加熱する。チキンロールを食べやすい大きさに切り、それぞれ盛り付ける。

 

料理のポイント

耐熱温度が100度以上のポリ袋を3枚用意します。薄手でシャカシャカ音のするビニール袋に耐熱のものが多いです。冷凍用のチャック袋やスーパーで買ったものを入れる持ち手つき袋は耐熱ではないので使えません。

 

調理が終わり皿に盛れば、ポリ袋を捨てるだけなので、調理器具を洗う手間が省けます。熱々をお召し上がりください。

 

ポリ袋に材料と一緒に空気がたくさん入ると、加熱に伴い膨張して鍋の湯から浮いた状態になり、均一に調理できません。④の工程で、しっかり空気抜きをしてください。

 

⑤で鍋の底に皿を入れるのは、金属製の鍋肌に長時間ポリ袋が接しないようにする工夫です。耐熱シリコン製の鍋敷きなども有効です。

 

チキンロールは薄味になっているので、トマトソースやケチャップを添えていただくと、よりクリスマスらしい色合いになって、子どもさんも食べやすくなると思います。

 

シチューのレシピに顆粒シチューの素とありますが、固形のシチューの素でも作れます。カップスープの素などを活用いただくと、いろいろな味付けも楽しめます。

 

■栄養量(1人分)

エネルギー 410kcal

タンパク質 39.5g

ビタミンC  98㎎

 

(文・写真) 日本赤十字社和歌山医療センター 栄養課

詳しくはこちら

日赤和歌山医療センターHP

Share

この記事を気に入ったならシェアしよう!