がん放射線治療の第一人者であり、高度医療に取り組んできた平岡院長が、がんについてわかりやすく解説します。ティーカップを片手にお気軽にお読みください。

放射線を使わないMRI検査の仕組みと有用性

2019/03/12

まだまだ、画像診断の話題は続きます。

今回はMRI検査について、その技術や有用性を知っていただきたいと思っています。

 

MRIという名前は聞いたことがあるけれど、それが何か詳しく説明して!といわれると、戸惑ってしまう人が多いのではないでしょうか。

 

MRIの技術は、2003年にノーベル医学生理学賞を受賞しています。

CT検査は40年ほど前の技術でしたので、それに比べると20年ほど新しい技術なのです。

 

放射線を用いず、断面像を撮る仕組みとは

 

MRIとは、Magnetic Resonance Imagingの頭文字をとった略称です。日本語では、 磁気共鳴画像(じききょうめいがぞう)といいます。

 

この言葉の中にある通り、MRI検査とは放射線ではなく強い磁石と電磁波を使います。

そのため、放射線による被爆はありません。子どもや妊娠中の方も安心して検査を受けていただけます。

 

磁石で体の中の画像が撮れるなんて驚きですよね!

でもどこに磁石が…?と不思議に思われるでしょう。

MRIの機器は、わたしたちが想像するより大きな磁石を使っているんですよ。

 

MRI検査時に丸いトンネルのような筒の中を通りますよね。あの丸い筒の中に磁石があるのです。

 

磁石のトンネルを通り抜けている間に、わたしたちの体からは電波が発せられており、機械がその電波を拾って処理し、画像にしているのです。

 

MRIの機器が最新のものになるほど、画像情報が多くなり、診断能力が高くなります。

 

当センターには高画像撮影ができる「3テスラMRI」があります。

このテスラというのは、磁力の単位を表す言葉で、3テスラは診断で使用できるいちばん強力な磁力です。

 

皆さんの検査に大活躍してくれている装置なのですよ。

 

 

脳、脊椎、四肢、乳房や子宮など骨盤内の臓器の検査に

 

MRI検査が有用な部位は、脳、脊椎、四肢、乳房、そのほか子宮・卵巣・前立腺といった骨盤内の臓器です。

 

 

これらの臓器に発生したがんの診断では、MRI検査がCT検査を圧倒しています。

乳がん、子宮がん、卵巣がんの早期診断は、MRI検査の登場無くしてあり得なかったと言えるほどです。

 

脳と脊椎では、がんを含めMRI検査が画像診断の中核となっています。

頭蓋骨に囲まれた部分であっても、その影響を受けずに画像が撮れることが、MRIの特長ですね。

 

さて、次回はMRI検査のメリット・デメリットについてです。

 

CT検査の課題であった放射線を受けずに済むMRIですが、もちろん良いことばかりではありません。

 

メリットもあればデメリットもありますので、しっかり次の記事も合わせて読んでくださいね。

 

 

詳しくはこちら

日赤和歌山医療センターHP

Share

この記事を気に入ったならシェアしよう!