ホーム  >  外来・入院のご案内  >  外来について  >  選定療養費について

選定療養費について


初診の選定療養費について

厚生労働省は、200床以上の地域医療支援病院に、標記療養費の徴収を義務付け、徴収すべき最低金額も示されました。

初診にかかる選定療養費
医科 5,000円(税込)
歯科 3,000円(税込)

初診の取扱いとは

同じ診療科の受診であっても、最後に受診されてから3ヵ月以上経過されていれば、初診となることがあります。
また、病状により最後に受診されてから3ヵ月以内であっても初診となることもあります。
いずれも、紹介状をお持ちいただければ選定療養費は必要ありません。

「かかりつけ医」を持ち、紹介状をお持ちになってください

国が進めている病院と診療所の機能分担とは、普段は地域の「かかりつけ医」で治療を受けていただき、専門的な検査や治療は当医療センターで受けていただく、病状に応じた役割分担のことです。
「かかりつけ医」より紹介状とレントゲンフィルムなどの検査データをお持ちいただければ、患者さんの治療内容を把握することができるとともに、検査の重複を少なくし、適切な医療をスムーズに提供できます。また、当医療センターでの専門的な検査や治療が終わりましたら、他医療機関へご紹介させていただき継続して治療を受けていただきます。
当医療センターは、今後も国が推進する制度に積極的に取り組み、地域医療の充実に貢献してまいりますので、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

予約センターについて

紹介状を持たれている初診患者さんに少しでも待ち時間を短くし、身体に負担をおかけしないように、予約センターにて事前初診診察予約を行っています。


再診の選定療養費について

厚生労働省は、200床以上の地域医療支援病院に、標記療養費の徴収を義務付け、徴収すべき最低金額も示されました。

再診にかかる選定療養費
医 科 2,500円(税込)
歯 科 1,500円(税込)

「かかりつけ医」の紹介状をお持ちください

国が進めている病院と診療所の機能分担とは、普段は地域の「かかりつけ医」で治療を受けていただき、専門的な検査や治療は当医療センターで受けていただく、病状に応じた役割分担のことです。
普段治療を受けられている「かかりつけ医」より紹介状とレントゲンフィルムなどの検査データをお持ちいただければ、患者さんの治療内容を把握することができるとともに、検査の重複を少なくし、適切な医療をスムーズに提供できます。また、当医療センターでの専門的な検査や治療が終わりましたら、他医療機関へご紹介させていただき継続して治療を受けていただます。
当医療センターは、今後も国が推進する制度に積極的に取り組み、地域医療の充実に貢献してまいりますので、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。


救急受診による時間外選定療養費

当医療センターは、高度救命救急センターとして、24時間体制で安全で質の高い医療を提供するべく日夜努力しています。これからも、一刻を争う重症な救急患者さんへの対応に支障をきたさないために、厚生労働省が推進している医療機関の役割分担を明確化した病診連携推進政策に則り、「緊急性の高い方」「入院を必要とする重症な方」を最優先してまいります。救急医療を継続するために、診療費に加えて、時間外選定療養費の負担を全ての時間外に受診された患者さんにお願いすることになっています。
ただし、以下≪対象外となる場合≫に該当される患者さんについては、時間外選定療養費を徴収いたしません。ご理解ご協力のほどお願いいたします。

時間外選定療養費
金額 5,500円(税込)
対象時間 平日:17時30分~翌9時
土、日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、創立記念日(5月1日)は終日

≪対象外となる場合≫
・他院からの紹介状をご持参された場合
・入院を必要とする場合
・当医療センターの医師から救急外来受診の指示がある場合
・当医療センターで当日受診され、症状が悪化した場合
・同一当直帯(平日夜間17時30分~翌9時、休日・祝日は0時~24時)での受診が2回目以降の場合
・労働災害で急を要する処置が必要となった場合


令和4年10月「選定療養費」の料金改定に関するお知らせ

令和4年10月1日より初診および再診時の料金が改定されるため、以下のとおり変更いたします。

 

初診にかかる選定療養費

■他医療機関からの紹介状を持参されず、その症状について初めて外来診察を受けられた場合

■治療中の疾患が終診になった後の診察や、患者さんが自己の都合で診察を中止する等、医師が初診と判断した場合 等


医科
改正前 5,000円(税込)
改正後 7,700円(税込)

歯科
 
改正前 3,000円(税込)
改正後 5,500円(税込)
 
再診にかかる選定療養費(受診の都度)


当医療センターから他医療機関へ文書による紹介がなされた後に、紹介先の医療機関からの紹介状を持参されずに再度受診された場合 等

医科 改正前 2,500円(税込)
改正後 3,300円(税込)
歯科 改正前 1,500円(税込)
改正後 2,090円(税込)

選定療養費は、「初期の治療は地域の医院・診療所(かかりつけ医)で、高度・専門医療は特定機能病院および一般病床200床以上の地域支援病院で行う」という医療機関相互の機能分担と連携の推進を目的として、厚生労働省により制定された定額負担制度です(保険医療機関および保険医療養担当規則)。

本趣旨をご理解のうえ、できる限り医院・診療所(かかりつけ医)の紹介状をご持参いただきますようお願いいたします。

初診および再診にかかる選定療養費を徴収しない患者さん

■ 救急医療、周産期(お産)等における休日・夜間の受診患者さん
 ※ 
当医療センターでは、休日・夜間などに救急受診された場合、時間外選定療養費をお支払いいただく場合があります。
■ 
外来受診から継続して入院された患者さん
■ 
地域において他に当該診療科を標榜する保険医療機関がなく、当該保険医療機関が外来診療を実質的に担っている診療科を受診された患者さん
■ 
治験協力者である患者さん
■ 災害により被害を受けた患者さん
■ 労働災害、公務災害、交通事故、自由診療の患者さん
■ 以下の公費負担医療制度の受給患者さん
   (国の公費負担医療制度)
   (地方単独の公費負担医療については、特定の障害・疾病等に限る)
■ その他、当医療センターの医師が受診する必要を特に認めた患者さん

初診にかかる選定療養費のみ徴収しない患者さん(再診の場合は徴収対象となります)

■ 当医療センターの他の診療科から院内紹介されて受診される患者さん
■ 医科と歯科との間で院内紹介された患者さん
■ 特定健康診査、がん検診等の結果により精密検査受診の指示を受けられた患者さん