ホーム  >  看護部  >  職場紹介  >  病棟部門

病棟部門

複数の診療科で構成した混合病棟を基本としています。
それぞれの病棟に、主な診療科を掲載しています。


南館2階病棟

主な診療科(呼吸器内科、呼吸器外科、皮膚科、整形外科、感染症内科)

呼吸器内科では肺がん、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、喘息などの疾患に、抗がん剤治療、薬物療法、放射線療法を行います。呼吸器外科は肺がん、気胸などの手術、皮膚科は蜂窩織炎や慢性皮膚疾患の薬物治療、整形外科は四肢の骨折に対する手術が多いです。他の病棟との違いは、1類感染症病床、2類感染症病床があることです。

1類感染症は、エボラ出血熱、南米出血熱、ペスト、ラッサ熱など感染力が非常に強く、適切な対応を行わなければ感染が拡大し、甚大な被害をもたらす感染症です。患者さんの受け入れをいつでも安全に行えるよう、移動ルートの確認、防護服の着脱、防護服を着用しての患者さん対応、汚染物の処理などの訓練を病棟内・院内の感染症コアメンバーとともに定期的に行っています。

2類感染症病床には、結核疑いや、麻疹・水痘など感染力の強い疾患の治療のため、年間100人前後が入院されます。感染症病床で隔離された環境での治療となるため、患者さんの精神的・身体的な負担は大きいです。当病棟では、入院される約40%が75歳以上の高齢患者さんです。感染症病床も高齢患者さんが多く、環境面からせん妄や認知機能の低下、身体機能の低下があります。感染予防を徹底しながら、患者さんのADLや認知機能の低下を最小限にし、患者さんにとって何が1番かを考え、常に寄り添った看護ケアの提供を目指しています。

南館5階病棟

主な診療科(消化器内科、外科・消化管外科・肝胆膵外科、形成外科、脳神経外科)

消化器内科では、内視鏡での検査や治療が多く、予定入院だけでなく、緊急で行う内視鏡治療も多いです。検査を受ける患者さんには、検査室の看護師とともに、検査の流れに沿って説明・ケアを行い、安心して検査を受けられるように心がけています。認知症に対してもせん妄・認知症ケアチームと協力し、安全に治療を受けていただけるよう、看護ケアを提供しています。

外科・消化管外科・肝胆膵外科では、食道・胃・胆のう・膵臓・大腸など、各消化管の悪性疾患だけでなく、良性疾患の手術も多いです。ほとんどが内視鏡手術(腹腔鏡・胸腔鏡)、ロボット支援手術で行っているため、入院期間も短いので、外来・手術室看護師とともに、手術前後から社会復帰までの全体的なケアを行っています。

形成外科では、熱傷、褥瘡、顔面の骨折などの手術が多く、安心して治療を受けていただけるように日常生活の援助・ケアを行っています。

脳神経外科では、脳血管撮影検査や脳梗塞や脳出血の治療が多いです。緊急入院が多いため、患者さんが安全・安楽に安心して治療を受けられるように観察やケアを行っています。

各科ともにがん患者さんが多く、長期的な看護が必要となる場合が多いため、入院時から退院を見据えた関わりを行っています。その際には、「患者さんのQОL(生活の質)」と「その人らしく」を大切に、患者さんをとりまくご家族を含めた関わりを心がけています。また、看護師のみならず、医師、がん専門看護師、緩和ケア認定看護師、理学療法士や栄養士、社会福祉士、臨床工学技士など多職種チームでサポートを行い、退院前・退院後訪問を実施し、スムーズな在宅療養への移行とセルフケアが継続できるように取り組んでいます。

南館6階病棟

主な診療科(外科・消化管外科・肝胆膵外科、消化器内科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科)

毎日2~5件の手術が予定されており、入退院も多いです。外科では人工肛門の管理、腎臓内科では腹膜透析といった専門的な知識やケアが求められています。これらは、退院後も患者さんやご家族が抱えながら日常生活を送っていかなければならないため、継続して行えるよう指導が重要となってきます。患者指導では、患者さんや家族と同じ方向を目指すともに協力していくため、やりがいも大きいです。人工肛門のケアの際には、皮膚・排泄ケア認定看護師とも連携しています。

また、退院後に社会資源を必要とする患者さんもいるため、入院時から患者さんのQOL(生活の質)を考え、医師、看護師、退院支援専門看護師、社会福祉士、ケアマネージャーなどの多職種と連携をとり、多職種カンファレンスを行ったり、継続した看護が行えるよう協働しています。

患者さんと信頼関係を築きながら、それぞれの患者さんにあったケアや治療を安心して受けられる環境の提供にスタッフ全員で取り組んでいます。

南館7階病棟

主な診療科(泌尿器科、腎臓内科、外科・消化管外科・肝胆膵外科、血液内科)

高齢患者さんの入院が増加しており、認知症やせん妄ケアにも力を入れ、多職種とともに親切・丁寧で質の高い看護が提供できるようスタッフ一丸となって取り組んでいます。

泌尿器科では、膀胱がん・前立腺がん・前立腺肥大症などの手術治療や、化学療法・放射線療法に対する看護を行っています。安全・安楽な治療が受けられるよう、医師や病棟薬剤師などの多職種・外来診療科・手術室とも連携をとりながら看護を行っています。

腎臓内科では、急性・慢性腎不全、ネフローゼなどの入院を受け入れています。透析をするために手術を受けられる患者さんが、疾患の自己管理ができるよう一人ひとりの特性をとらえながら看護を行っています。腹膜透析患者さんに対しては、在宅でもスムーズに透析が行えるよう会話を大切しています。

外科・消化器外科・肝胆膵外科では胃・胆のう・大腸などの疾患が多いです。術前・術後に関わらず、安全・安楽に治療を受けられるよう苦痛症状の軽減に努めています。

病棟の特長は、チームワークです。日々、多くの入院・退院があり多忙な日もありますが、スタッフみんなで協力しあって患者さんの思いに寄り添いながら、安全第一に看護できるよう頑張っています。

南館8階病棟(無菌室あり)

主な診療科(血液内科、糖尿病・内分泌内科、耳鼻咽喉科)

血液内科では、主に白血病や悪性リンパ腫の患者さんが入院されており、化学療法や造血幹細胞移植を行っています。病棟には無菌室(クリーンルーム)と呼ばれる部屋もあり、抗がん剤治療により易感染状態となった患者さんが入られます。感染予防が大切になるので、無菌室での生活援助や感染予防のための看護を行っています。

造血幹細胞移植看護では、移植前に移植スケジュールをもとに、医師・看護師・薬剤師・NST(栄養サポートチーム)・リハビリ科・歯科・精神科・臨床心理士がカンファレンスを行い、情報共有して、患者さんが治療に立ち向かえるようチームでサポートしています。また、定期的に病棟看護師が外来に行き、退院後の生活の悩みを聞くなど、退院後も安心して生活できるようにサポートしています。

糖尿病・内分泌内科では、主に糖尿病に対して、薬物治療・食事療法・運動療法を行っています。患者さん自身が疾患の理解を深めて、糖尿病と上手く付き合っていけるよう、糖尿病教室も行っています。また、退院されてからも治療を続けていけるよう、インスリンの自己注射や血糖測定の手技の獲得を目指してサポートしています。

耳鼻咽喉科では主に扁桃炎、慢性副鼻腔炎、鼓室形成、顔面神経麻痺の治療が多いです。新たに加わった診療科なので、スタッフ一同、耳鼻咽喉科の疾患や治療、周手術期の看護について学習を深め、安心して治療を受けていただけるよう頑張っています。

職場風土は、スタッフ同士よくコミュニケーションをとり、何でも相談し合える雰囲気の病棟です。化学療法や骨髄移植、輸血療法、がん看護に退院支援など難しく悩むことも多いですが、患者さんとの関わりから様々な経験を通じ、スキルアップできます。

南館9階病棟

主な診療科(耳鼻咽喉科、呼吸器内科、呼吸器外科、循環器内科)

手術療法、化学療法、放射線療法それぞれの併用で治療を受けられる場合が多く、短期入院の方も放射線化学療法を受ける方は長期入院となる方もいます。耳鼻咽喉科領域のがん治療はアピアランスケア(がん治療による外見の変化に対し医療者が行うケア)が重視されています。また、治療により経口摂取(口からの食事)ができなくなる場合もあるため、言語聴覚士や管理栄養士と連携し食事形態や食事の姿勢を評価しながら、口から食べられるように取り組んでいます。

特に、入退院を繰り返すがん患者さんには担当看護師が継続して受け持ち、医師、外来看護師やがん患者サポートチームと連携し、療養の場や方法を検討し、患者さんにとって最適なケアを提供できるように取り組んでいます。がん以外では、狭心症や心筋梗塞の冠動脈検査や冠動脈形成術などの検査・治療、心不全で入院されています。

看護師は二人一組となり患者さんに安全・安心な療養環境を提供できるように、相手を思いやる気持ちを大切に、相談しながらケアを行っています。生命維持に重要な呼吸・循環に関わる疾患が多いため、お互いに思いやり、調和を大切にすることを心がけています。

南館10階病棟

主な診療科(眼科、婦人科、消化器内科、呼吸器内科、整形外科)

手術や検査、化学療法が大半を占め、入退院が多いです。
眼科手術、婦人科手術、消化器内科の検査ではクリニカルパス(入院中の治療・看護ケア計画書)が作成され、90%以上がクリニカルパスで運用をしています。クリニカルパスは入院中のスケジュールを知ることができ、入院生活の不安の軽減や、安心して検査や治療を受けることにもつながるため、患者さんにとっては、自己管理がしやすい、積極的な治療参加ができる、退院後の計画が立てやすいなどの利点があります。   

クリニカルパスにより患者さんやご家族に入院中の検査や治療内容、スケジュールなどを説明しやすくなり、新人や担当以外のスタッフも統一した対応ができます。
緊急入院も多いですが、患者さんの気持ちに寄り添い、安心して治療を受けられる環境を提供できるよう、スタッフ全員で取り組んでいます。

南館13階病棟(緩和ケア病棟)

緩和ケア病棟の愛称は「ひなげし」です。ひなげしの花言葉である「思いやり」「いたわり」のこころを大切に、日々のケアを行っています。あなたの思いに寄り添い、穏やかに過ごせるよう支援することを意識しており、患者さんとご家族が大切な時間をできる限り快適に過ごしていただけるようにお手伝いします。

緩和ケアとは、重い病を抱えた患者さんやその家族一人ひとりの身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。緩和ケア病棟では、がんの治療が目的ではなく、入院治療が必要な痛みをはじめとする、がんに伴う様々な苦痛症状を抱える患者さんのつらさを和らげるための場所です。

病棟では、医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・臨床心理士・管理栄養士・社会福祉士など多職種のスタッフで患者さんとご家族をサポートします。

病室は全室個室(有料、無料あり)で、静かで落ち着いた雰囲気の中、自宅と病院の中間のような環境づくりを目指しています。横になったまま入れる浴室や、食事やイベントを行うデイルーム、ご家族が宿泊できる家族控室も設けています。季節の風を感じられる屋上庭園もあります。また、入院生活の中でも喜びや楽しみを感じていただけるように、飾りつけを行ったり、夏祭りやクリスマス会などのイベントも開催しています。

入院治療により苦痛が和らぎ、ご自宅での療養が可能となれば、地域の医療機関と連携をとり、在宅支援のサービスの相談や転院調整もいたします。体調がつらいときは入院し、病状が落ち着いたら家に帰り、その時々の体調に適した生活の場をいっしょに考えていきます。患者さんやご家族の負担をできるだけ軽減し、住み慣れた自宅での療養ができるように、退院支援も行います。

本館8階A病棟(産科、女性病棟)

主な診療科(産科、婦人科)

地域周産期母子医療センターの認定を受け、NICUをはじめ、他職種と連携して母子に寄り添い安心・安全で質の高い看護を提供できるように努めています。アドバンス助産師(技術、知識を有していると認定を受けた助産師)を含め、経験豊かな助産師が多数おり、院内助産も開設していますのでハイリスク妊娠や分娩だけでなく、自然な出産にも対応しています。LDR(陣痛・分娩・回復一体型個室・有料)も完備しフリースタイル分娩も可能で、ご主人だけでなく子どもさんや他のご家族も立ち会うことができます。また、不妊症認定看護師によるメール相談も行っており、不妊治療を行う中で仕事、パートナーとの関係性を含めた女性のライフサイクルに応じた支援を行っていきます。そして、婦人科良性疾患の患者さんに対しても信頼関係を築き、安心して入院し治療ができるように努めています。

助産師はお産に関する様々な取り組みを行っています。
詳しくは
こちら

本館8階B病棟(小児病棟)

主な診療科(小児科、小児外科、乳腺外科、婦人科)

さまざまな疾患の患者さんが入院してくるため、看護師だけではなく医師や他職種を交えながら勉強会等を行っています。

また、小児病棟として子どもや家族の気持ちに寄りそい、個別性のある看護を目指してしています。
病棟保育士と協力しながら、子どもの成長や発達に大切な遊びや、季節感を感じられるような
イベントを開催し、入院生活の中での楽しみを見出せるようスタッフが協力し合っています。

本館9階A病棟

主な診療科(循環器内科・心臓血管外科・歯科口腔外科・腎臓内科)

主に心筋梗塞や狭心症、心不全、高血圧症、急性期から慢性期の不整脈疾患が多く、心臓カテーテル検査や治療、点滴・内服治療、不整脈治療としてカテーテルアブレーション治療やペースメーカー植え込み術が行われています。そして循環器内科で治療困難な場合は、心臓血管外科で大動脈瘤や心臓弁置換術、冠動脈バイパスなどの手術を行います。手術後は心臓リハビリテーションを行い、退院を目指します。心臓疾患は、生活習慣が大きく影響します。そのため、退院後の生活について患者さんと相談し、少しでも安心して自宅に帰って生活できるよう関わらせていただきます。患者さんと関わることで異変や状態変化に気づき、迅速に対応するようにしています。

腎臓内科では、腎生検や透析導入に向けて透析教育などを行っています。

歯科口腔外科では、主に水平埋伏智歯(親しらず)・下顎腫瘍に対する全身麻酔手術が多いです。

生活習慣が大きく影響する疾患が多く、入退院を繰り返す方もいます。入院というストレスを回避するため、健康教室での集団指導、個別指導も行っています。患者さん自身の自己管理が重要となり、少しでも元気にその人らしい生活が送れるよう相談しやすい雰囲気づくりを目標に、患者さんやご家族を含めて日々親身に関わっています。

本館9階B病棟

主な診療科(脳神経外科、神経救急部、脳神経内科、循環器内科、耳鼻咽喉科)

脳神経外科・神経救急部は脳血管疾患、脳腫瘍、頭部外傷など疾患は様々です。脳は、生命・全身機能の中枢であり、急激な変化が起こりやすいため、緻密な観察と看護ケアが必要になります。また、運動麻痺や感覚障害、嚥下障害、高次脳機能障害などのためADL(日常生活動作)の低下によりQOL(生活の質)の低下も起こります。残存機能をできる限り改善するようにチームで支援しています。

脳神経内科の疾患はパーキンソン病、髄膜炎、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、末梢神経障害などであり、長期間の治療が必要となることもあります。患者さんの不安軽減や、精神面のサポートも重要になります。再入院される患者さんもいるため、良好な信頼関係を築けるよう、日々ケアを行っています。

循環器内科では心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患、心不全が多く、検査や治療として心臓カテーテル検査や薬物療法などが必要です。再入院される患者さんも多く、急性期から、退院後の生活指導まで幅広いケアを行っています。

耳鼻咽喉科の疾患は真珠腫性中耳炎、副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症、扁桃炎、突発性難聴、顔面神経麻痺などです。手術によっては一時的に声が出せず筆談が必要になることもあり、術前からの説明や患者さん自身の協力も必要です。喉や鼻は、気道と直結するため、術後は呼吸状態の観察をしっかりと行っています。

病棟の取り組みとして、高齢や疾患により、自宅での生活が困難となる患者さんが多く理学療法士・作業療法士や退院支援看護師、社会福祉士と連携を図り多職種でのカンファレンスを行っています。必要な情報は何かを確認し、自分らしく生活できるよう患者さんやご家族とも密に話し合い、希望にそえるよう努めています。また、脳卒中再発予防の指導にも力を入れています。

本館10階A病棟

主な診療科(整形外科、循環器内科、心臓血管外科、消化器内科、泌尿器科)

複数の診療科が混在し、看護の知識も幅広く求められますが、様々な経験を通して看護師としてスキルアップできる病棟です。機能障害により日常生活援助を必要とする患者さんも多く、手術や検査、化学療法、緊急入院など慌ただしい一面もありますが、看護を語り合うことや患者さんとの時間を大切にするよう心がけています。また、医師や理学療法士・作業療法士、薬剤師、社会福祉士など多職種と協働・連携しながら、患者さんの早期回復・退院を目指して日々取り組んでいます。

看護方式はDPNS方式(他者を尊重し自律・自助のマインドをもつことをコンセプトとしたペア看護師による看護提供方式)を採用し、先輩・後輩ではなく、お互いをパートナーと意識して患者さんに寄り添った看護を提供しようと奮闘しています。DPNS方式で看護することで、新人看護師も多様な患者さんへの看護を安全に、そして安心して実践できるように配慮しています。また、午後のカンファレンスの後に、パートナー同士でお互いのいいところを伝え合うHappyTimeを取り入れています。お互いの強みを認め合い、スタッフ同士がのびのび・活き活きと看護を楽しみながら成長できる環境作りに努めています。

本館10階B病棟

主な診療科(整形外科、眼科、呼吸器内科、脳神経外科、神経救急部)

患者さんが自宅に帰るために、必要な支援を考え実践することを心がけています。
手術や化学療法以外に、けがや事故など予期しない救急入院も多いです。
また、スタッフの年齢が若く、明るく、笑顔が多いことも特徴の1つです。

整形外科は脊髄疾患や膝・肩・股関節疾患を扱っており、転倒による骨折や交通事故など多発外傷での緊急入院もあります。高齢な患者さんも多く、痛みや環境の変化からせん妄症状をきたす方も増えています。せん妄の予防のため手術前後の痛みの緩和や、現状認知を促す丁寧なかかわりを心がけ、安楽に過ごされるよう取り組んでいます。
眼科は白内障手術や、網膜剥離や緑内障の緊急入院で、術後にうつむきでの安静が必要になることもあり、制限のある生活でもなるべく安楽に入院生活が送れるように心がけています。
脳神経外科では、脳梗塞や脳出血の急性期が多く、急変リスクも高いため、少しの変化も見逃さないよう観察・ケアを行っています。
呼吸器内科は、主に化学療法を受け入れています。がんの告知を受け、治療にのぞまれる患者さんの気持ちに寄りそい、時にはPCT(緩和ケアチーム)と連携を取りながら、疼痛と精神的なストレスの緩和ができるような関わりを目指しています。

整形外科や脳外科疾患の患者さんは、機能障害を伴い、日常生活の援助を必要とする場合が多く、退院後の生活を考えた支援が必要になります。入院後早期から医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語療法士、退院支援担当の社会福祉士など他職種と連携・協働し、意見交換しながら退院支援をすすめています。
当センターで手術・急性期リハビリテーションを行った後、リハビリテーションの継続のため連携病院に転院される患者さんも多くいます。在院日数が短縮される中、日常生活動作の向上を図るようスタッフ全員で協力し、より質の高いケアを提供できるよう取り組んでいます。

本館11階病棟(特別室病棟)

本館11階は、24床全室個室(個室18床・特別室A1床・特別室B5床)の病棟です。洗練された施設や設備、インテリア、庭園などが整備され、多くの診療科の患者さんにご利用いただいています。また、セキュリティ面でも、病棟の入口はカードキーもしくは病棟スタッフによる開錠を行っており、静かな環境で安心して療養生活を送っていただけるよう配慮しています。

全ての病室にはテレビや冷蔵庫、シャワールーム、ウォッシュレット付トイレを備えています。特別室には浴室、ミニキッチン、IH、和室などがついている病室もあり、ご希望に沿ってお選びいただけます。

また、ランドリーや寝衣、タオル類、各種アメニティ(シャンプー・コンディショナー、ボディソープ、歯磨きセット、お箸セット、コップ、ティッシュペーパー等)をご利用になれます。

病棟に専用の屋上庭園があることも特徴のひとつです。車椅子やベッドでの庭園散歩は、患者さんだけでなく、ご家族の気分転換の一助となっているとの、喜びの声もよく伺います。

受け持ち看護師が少人数の患者さんを担当し、安全で安心できる看護を提供しています。
求められるものや期待されるものが何かを考えながら、一人ひとりの患者さんに、満足いただける最高の看護サービスとおもてなしを約束いたします。