ホーム  >  医療関係者の方へ  >  ご案内  >  患者総合支援センター

患者総合支援センター


患者総合支援センターの体制

部門紹介

入院前支援(患者サポートセンター)

入院予定の患者さんに対し、入院前から安全に安心して治療が受けられるよう支援しています。
▷詳細ページ


 

療養支援

外来・入院を問わず、患者さんおよびご家族を対象に、在宅移行支援・在宅療養支援や転院支援などを行っています。

▷詳細ページ

▷退院前後訪問を行っています!





相談支援

当センターでは、患者さんまたはそのご家族から疾病に関する相談や生活上、入院上の不安など、様々なご相談に対応するため、患者総合支援センター内に「患者相談窓口」を設置しています(本館1階 1番窓口)
また、当センターでは社会福祉士、精神保健福祉士を配置し、医療費や生活費・各種社会福祉制度の利用方法など、病気やけがによって生じる様々な問題や悩みについてのご相談をお受けしています。

▷詳細ページ


入院前支援(患者サポートセンター)

予定入院となる患者さんが、入院前から安全に安心して治療を受けていただけるよう、看護師をはじめ麻酔科医師・薬剤師・管理栄養士・事務員・社会福祉士など多分野の専門職が関わり、支援を行っています。入院前に、様々な側面から患者さんの状況を把握し、患者さんの不安やリスクの軽減に努めています。また、入院前から退院後の状況・生活を見据えた支援の必要性を病棟看護師・療養支援担当者と共有し、退院後、安心して療養生活へ移行いただけるように支援しています。

地域のケアマネジャー・相談支援専門員の皆さんへ(お願い)
 担当の患者さんから当医療センターでの入院と連絡がありましたら、治療や看護の参考のため、お手数ですが、患者総合支援センターへサマリー(入院時情報提供用紙)を入院日までにFAXしてください。入院時ご持参いただける場合は、入院病棟の看護師にお渡しください。
 また、当医療センターは積極的にカンファレンスを行っていますので、ぜひご参加いただけますようお願い申し上げます。

お問い合わせ先

 患者総合支援センター
 直通電話  073-421-8190 / 073-421-8192
 F A X  073-400-7383
 受付時間  9:00~17:30
   (土日祝、年末年始、5月1日(創立記念日)を除く)


療養支援

外来・入院を問わず、患者さんおよびご家族の意向を踏まえて、医師・看護師などの多職種で支援を行っています。

外来支援

外来の患者さんに対して、在宅療養支援など行っています。

入院支援

・転院支援
ゆくゆくは自宅への退院を考えているけれど、今すぐは帰れないという患者さんが多いのも現状です。そのような場合、転院支援を行っています。患者さんにとってどのような病院が適切なのか情報を提供しながら一緒に考えていきます。
また、一貫した良質な医療を提供するため、地域の病院と連携し、地域連携パスにも取り組んでいます(大腿骨・脳卒中)。
・在宅移行支援
 病院の機能分化が進み、昔に比べ入院日数が短くなっている中、医療処置が必要な状況や、点滴や人工呼吸器をつけたままでも退院することが多くなっています。退院後の生活に不安を抱く患者さんやご家族が、少しでも安心して療養生活が送れるように早期より院内で連携をとりながら、在宅移行支援を行っています。また、当センターは積極的に院内でカンファレンスを行っています。地域の先生方・ケアマネジャー・相談支援専門員・訪問看護師等の皆さんに、ぜひご参加いただきたいと思っています。
 また、必要に応じて、訪問看護ステーションや介護保険サービス担当者と連携し、退院前後訪問も行っています。

地域の医療機関・介護保険サービス・障害福祉サービス関係者の皆さんへ
 当センターでは、地域の医療機関との連携を強固にするため、日ごろから連携していただいている医療機関や訪問看護ステーション、介護保険サービス、障害福祉サービスを提供している事業所を定期的に訪問しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ先
 
 患者総合支援センター
 直通電話  073-421-8190/073-421-8192
 F A X  073-400-7383
 受付時間 9:00~17:30
(土日祝、年末年始、5月1日(創立記念日)を除く)