ホーム  >  トピックス  >  新任部長のご紹介

新任部長のご紹介

2019年04月01日

2019年4月1日(月)、2つの診療科で新しい部長が着任しましたので、紹介いたします。

放射線治療科部長 根來 慶春(ねごろ よしはる)

京都大学医学部を卒業後、平成6年から平成9年の3年間、当センター放射線科で研修。その後、京都大学大学院放射線科学講座助手、福井赤十字病院放射線科副部長、天理よろづ相談所病院放射線治療部門部長を経て、約20年ぶりに当センターに放射線治療科部長として着任。高精度放射線治療によるがんの根治治療から放射線による緩和医療まで幅広い経験を持つ。


心臓血管外科部長 金光 尚樹(かねみつ なおき)

京都大学医学部を卒業後、京大胸部疾患研究所、高知市立市民病院などで研修。三重大学医学部附属病院胸部外科助手の後、平成18年から当センターで6年余り心臓血管外科部副部長として勤務。天理よろづ相談所病院で執刀経験を積み、三菱京都病院心臓血管外科部長として年間130例前後の心臓大血管手術に携わる。TAVIなど最新の手術経験も豊富。


また、池上達義呼吸器内科部副部長が、第二呼吸器内科部長に昇任しました。

第二呼吸器内科部長 池上 達義(いけうえ たつよし)

京都大学医学部を卒業後、京都大学胸部疾患研究所第一内科(現呼吸器内科)に入局。福井赤十字病院呼吸器内科を経て、平成8年7月から当センター呼吸器内科に勤務。専門は、禁煙サポートとCOPD(慢性閉塞性肺疾患)。平成26年に和歌山地域COPDネットワーク(通称和CON)を立ち上げる。現在、7市町・73医療機関と連携して治療を行っている。


どうぞ、よろしくお願いいたします。