ホーム  >  トピックス  >  救護班第1班が帰院

救護班第1班が帰院

2018年06月20日

平成30年6月18日(月)午前7時58分に大阪府北部を震源として発生した地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。

当センターでは、日本赤十字社大阪府支部の要請を受け、医師・看護師ら7名による「日赤常備救護班」ならびに災害医療対策本部にて指揮命令を司る統括医師1名、事務員1名を同日午後1時40 分に緊急派遣しました。
 同日夕方、大阪府庁の医療災害対策本部にて情報収集を行ったところ、避難所数に比して避難者の医療ニーズが低いことが判明し、交通の回復に伴い避難者も減少に転じたことから、府内で完結できるとの判断が下り、同日午後10時帰院。携行医療資機材・医薬品を返戻し、午後0時、約12時間で活動を終了しました。