ホーム  >  看護部  >  職場紹介  >  本館8階A

本館8階A

私たちは母子とその家族に寄り添うケアを大切にします

本館8階Aは産科、婦人科を主科とする病棟です。

地域周産期母子医療センターの認定を受け、NICU・GCUも同じフロアーにあり、連携して母子の安全・安心のケアを大切にしています。また、小児科外来とも連携して生まれた赤ちゃんに対しても万全の体制を整えています。アドバンス助産師も多く経験豊かな助産師が多数存在しています。全スタッフが、自然な出産を望む産婦だけでなく、ハイリスク妊娠や分娩にも対応し、妊産婦や褥婦、そして新生児に寄り添い安心・安全で質の高い看護を提供できるように努めています。

LDR(有料)も完備しフリースタイル分娩も可能で、ご主人だけでなくお子様や他の御家族も立合うことが出来ます。退院後はスムーズに育児がすすめられるように助産師外来だけでなく、小児科や地域保健師など多職種と連携して母子ケアに努めています。また、平成28年に県下初の不妊症看護認定看護師も誕生し、今後不妊治療を行う中で仕事、パートナーとの関係性を含めた女性のライフサイクルに応じた支援を行っていきます。そして、婦人科の患者さんに対しても信頼関係を築き、安心して入院し治療ができるように努めています。

外来指導

助産師が妊娠各期に応じた保健指導を行っています。

母親教室

助産師、産科医師、小児科医師、栄養士が担当しています。

ローリスク妊婦外来

正常な経過を送っている妊婦さんに対し、助産師が妊婦健診や保健指導を行う助産外来のひとつです。バースプランのサポートを行い、分娩に向けて取り組んでいます。完全予約制(30分)なのでゆっくり助産師と話ができ、待ち時間もありません。

二週間健診・母乳外来

どちらも助産師が行う助産師外来です。入院中、体重不良であった児や黄疸治療後の退院後評価を行い、授乳指導や育児相談を行います。
また産後の母乳分泌維持や乳房トラブルに対応します。

院内助産システム

緊急時の対応ができる病院内で、助産師が妊娠から分娩、産後の母子に対して正常・異常の判断を行い、分娩介助やケアを行います。産婦、家族に寄り添い、産婦の「産む力」、赤ちゃんの「生まれる力」をサポートします。分娩においてはフリースタイルにも対応し、ご主人だけでなくお子様や他の家族と共に赤ちゃんの誕生を迎えられます。

マタニティ・ヨーガ教室

日本マタニティ・ヨーガ協会認定インストラクターの資格をもつ助産師が行っています。
当センターで妊婦健診を受け、医師の同意を得て受講して頂きます。(2時間:3,300円(税込))