ホーム  >  新着情報  >  お知らせ  >  新型コロナウイルス感染症の対応について

新型コロナウイルス感染症の対応について

2020年03月06日

新型コロナウイルスの感染が各地で報告される中、厚生労働省から相談・受診の目安が出されています。医療機関の受診を希望される方は、最寄りの保健所に電話し指示を受けることとなっています。


感染を疑い相談・受診される場合の目安

①~③のいずれかに該当する場合

① 風邪症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く
  (解熱剤を飲み続けなければならない場合も含む)

② 強い倦怠感や呼吸困難などの症状がある

③ 風邪症状や発熱が2日程度続いており、下記の要件を満たす場合
 (ア)高齢者
 (イ)糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)などの持病(基礎疾患)がある人、透析を受けている人
 (ウ)免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人

※ 妊婦は、念のため、重症化しやすいとされる(ア)~(ウ)の人と同様に、早めに相談ください。

上記に該当し、受診を希望される際には、紹介状の有無にかかわらず最寄りの保健所にご相談ください。

  ※ 最寄りの保健所は、こちら(和歌山県ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」)

検査について

3月6日から新型コロナウイルス感染症の検査を保険適用にする旨が発表されていますが、現在のところ、これまでどおり管轄の保健所と相談のうえで実施されます。

検査を希望される方も、最寄りの保健所にご相談ください。

※ 最寄りの保健所は、こちら(和歌山県ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」)

参考

厚生労働省

厚生労働省 報道発表資料

新型コロナウイルスに関するQ&A

厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)
 TEL:03-3595-2285
 受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)

当センターにおける新型コロナウイルス感染症に関する対応経過

・2020年1月16日「中国武漢市で報告のコロナウイルスによる肺炎の対応について」掲載

・2020年1月30日「新型コロナウイルス感染症の対応について」に改定
・2020年2月4日「新型コロナウイルス感染症の対応について」を改定
・2020年2月13日「新型コロナウイルス感染症の対応について」を改定
・2020年2月20日「新型コロナウイルス感染症の対応について」を改定
・2020年2月21日「新型コロナウイルス感染症の対応について」を改定
・2020年3月6日「新型コロナウイルス感染症の対応について」を改定



※ 1月30日に「新型コロナウイルス感染症勉強会」を開催しました。 詳しくはこちら

※ 日赤和歌山情報局Hotに「感染を予防するための行動」を掲載しました。 詳しくはこちら