ホーム  >  新着情報  >  お知らせ  >  新型コロナウイルス感染症の対応について

新型コロナウイルス感染症の対応について

2020年02月21日


新型コロナウイルスの感染が国内でも報告され、厚生労働省から下記のとおり相談・受診の目安が出されました。

医療機関を受診されたい方は、最寄りの保健所に電話し、受診の指示を受けてくださいますようお願いします。

なお、発熱等の風邪症状がみられる場合は、相談・受診前から「できるだけ外出を控える」「毎日、体温を測定し、記録する」ようお願いします。


感染を疑い相談・受診される場合の目安

①~③のいずれかに該当する場合

① 風邪症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く
  (解熱剤を飲み続けなければならない場合も含む)

② 強い倦怠感や呼吸困難などの症状がある

③ 風邪症状や発熱が2日程度続いており、下記の要件を満たす場合
 (ア)高齢者
 (イ)糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)などの持病(基礎疾患)がある人、透析を受けている人
 (ウ)免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人

※ 妊婦は、念のため、重症化しやすいとされる(ア)~(ウ)の人と同様に、早めに相談ください。

上記に該当し、受診を希望される際には、紹介状の有無にかかわらず下記の手順に則ってください。

 

なお、上記に該当するか判断つきかねる場合は、こちら(相談へ)

受診方法

【1】まずは、最寄りの保健所に、医療機関を受診したい旨の電話連絡をしてください。
    ※ 最寄りの保健所は、こちら(和歌山県ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」)

 ⇓

【2】保健所等から当センターへ受診を指示された場合は、専用の診察室へ案内しますので、事前に電話ください。
   ※ 他の患者さんへの感染防止のため、専用の受付窓口・診察室を設けています。

073-422-4171(代表)

 

【3】マスクを着用して来院ください。

参考

当センターにおける新型コロナウイルス感染症に関する対応経過

・2020年1月16日「中国武漢市で報告のコロナウイルスによる肺炎の対応について」掲載

・2020年1月30日「新型コロナウイルス感染症の対応について」に改定
・2020年2月4日「新型コロナウイルス感染症の対応について」を改定
・2020年2月13日「新型コロナウイルス感染症の対応について」を改定
・2020年2月20日「新型コロナウイルス感染症の対応について」を改定
・2020年2月21日「新型コロナウイルス感染症の対応について」を改定



1月30日に「新型コロナウイルス感染症勉強会」を開催しました。 詳しくはこちら
 


風邪症状や発熱があり、「新型コロナウイルス感染症」に対して心配や不安のある方は、下記相談窓口にご相談ください。

厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)
 TEL:03-3595-2285
 受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)

最寄りの保健所は、こちら(和歌山県ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」)