ホーム  >  がん診療への取り組み  >  ご案内一覧  >  がんの診断と治療

がんの診断と治療


がんの診断

がんの診断は、がん(悪性腫瘍)の有無、がんの進行度合と範囲を見極めるため、様々な検査を組み合わせて行っています。丁寧な問診と診察により、過去や現在かかっている病気、家族や血縁者の病気歴、喫煙や飲酒などの生活習慣も伺います。
血液検査や画像検査を行うほか、必要に応じて病変の一部を取り出し、顕微鏡で細胞・組織を観察する病理検査を行います。また、治療方針の検討のため、心臓や呼吸、肝臓、腎臓など他の臓器の機能や全身状態を調べる検査も行います。

当センターでは320列CTや3テスラMRI装置、核医学検査、各種内視鏡を駆使して、がんの診断や詳細な範囲診断、病期診断にあたっています。

診断の機器

320列CT撮影装置

3テスラMRI


アンギオ(血管撮影装置)

マンモグラフィ


乳腺バイオプシー



がんの治療

当センターでは、各種がんの特性や進展度と宿主の状態を考慮して、三大治療(手術、化学療法、放射線治療)を中心に、多角的、集学的に治療を行っています。

手術

全22室の中央手術室で、各領域のがん治療のエキスパートが治療にあたっています。


低侵襲治療(内視鏡、胸腔鏡、腹腔鏡)


臓器が温存される内視鏡治療や、傷跡が小さく体への負担や術後の苦痛の少ない胸腔鏡や腹腔鏡による低侵襲治療を積極的に実施しています。

ロボット支援手術

平成24年、前立腺全摘出術に対するロボット支援手術が保険診療として認められ、より精緻な手術、患者さんの負担軽減など、ロボット支援手術の有用性が明らかとなり現在では広く普及しています。平成28年4月には腎がんに対する腎部分切除術、平成30年4月には膀胱がんに対しても保険診療が認められています。


消化管外科領域では平成29年に和歌山で初めて胃がんに対するロボット支援手術を導入し、平成30年4月には胃がん、直腸がん、食道がんが保険適用となり、積極的に行っています。

詳しくは、外科・消化管外科・肝胆膵外科のページへ


放射線治療

腫瘍部分に対して高エネルギー放射線を集中的に照射して治療する技術です。当センターは、高性能な2台の放射線治療装置を備えており、専門の医師、看護師、放射線治療専門技師、医学物理士などのスタッフが従事して治療にあたっています。

治療方法ならびにQ&Aはコチラ


化学療法

入院、あるいは通院治療センターにて、主に標準的な化学療法を各種ガイドラインにのっとり実施しています。

標準治療から外れる場合は、がん化学療法委員会、院内倫理委員会の承認のもとに実施します。


キャンサーボード

がんの診断・治療について単一科の医師だけでなく、がん医療に携わる専門職が職種を越えて集まり、患者さんの症状・状態を把握し、治療方針などを検討する場がキャンサーボードです。当センターでは臓器別キャンサーボードを定期的に開催しています。