ホーム  >  がん診療への取り組み

がん診療への取り組み

当センターが目指すがん診療は、検診によるがんの発見、そして、最新技術を駆使した診断、診療科の垣根を越えた集学的治療、治療途中の救急体制、そして、社会復帰への支援(あるいは、終末期の緩和医療)といった途切れの無い医療を基本姿勢としています。何より、患者さん個々の背景や人間関係を理解し、それぞれに抱えている問題に対して全人的(身体的、精神・心理的、社会的)にアプローチするように心がけています。