ホーム  >  外来・入院のご案内  >  入院・面会について  >  高額療養費制度について

高額療養費制度について

高度療養費制度とは、同じ病気や診療所で支払った医療費(月額)が自己負担限度額を超えると、加入されている保険者から払戻しをうけることができます。
ただし、食事代や差額ベッド料、保険診療の対象とならないものは除かれます。
手続きには支払った医療費の領収書が必要となります。

【患者さんの自己負担限度額】
※1年間で限度額に達する月が複数ある場合には、4月目以降の自己負担額が〈 〉内の額になります。

70歳未満の方

被保険者の所得区分 自己負担限度額 食事療養費
年収約1,160万円~
健保:標報83万円以上
国保:旧ただし書き所得901万円超え
 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
〈多数回 140,100円〉
 460円
年収約770~約1,160万円
健保:標報53万~79万円
国保:旧ただし書き所得600万円~901
         万円
 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
〈多数回 93,000円〉
 460円
年収約370~約770万円
健保:標報28万~50万円
国保:旧ただし書き所得210万円~600
         万円
80,100円+(医療費-267,000円)×1%
〈多数回 44,400円〉
 460円
~年収約370万円
健保:標報26万円以下
国保:旧ただし書き所得210万円以下

57,600円
〈多数回 44,400円〉

 460円
住民税非課税者 35,400円
〈多数回 24,600円〉
 210円



70歳以上の方

 区分  自己負担限度額 食事
療養費
ひと月の上限額(世帯ごと) 外来
(個人ごと)
現役並みⅢ
年収約1,160万円~
標報83万円以上
課税所得690万円以上
252,600円+(医療費-842,000円)×1%
〈多数回 140,100円〉
460円
現役並みⅡ
年収約770~約1,160万円
標報53万~79万円
課税所得380万円以上
167,400円+(医療費-558,000円)×1%
〈多数回 93,000円〉
460円
現役並みⅠ
年収約370~約770万円
標報28万~50万円
課税所得145万円以上
80,100円+(医療費-267,000円)×1%
〈多数回 44,400円〉 
460円
一般
57,600円
〈多数回 44,400円〉
18,000円
(年間上限14.4万円)
460円
 住民税非課税Ⅱ
24,600円
8,000円 210円
住民税非課税Ⅰ

(所得が一定以下)

15,000円 100円

限度額、手続きの詳細については、加入されております保険者へお問い合わせください。

高額療養費の現物支給制度について

・医療費が高額になりそうな時は、事前申請により限度額適用認定証の交付を受け、提示していただくと自己負担限度額までの支払いで済みます。
発行された限度額適用認定証は、入院時に保険証と共に入院受付(本館1階)へ提示してください。
・但し、所得によって発行されない場合があります。限度額、交付申請の詳細については、加入されております保険者へお問い合わせください。