ホーム  >  当センターについて  >  概要情報  >  理念・基本方針

理念・基本方針

理念・基本方針


理念

赤十字職員としての使命を胸に、心のかよった最良の医療を提供し、地域社会に貢献します。

基本方針

  • 急性期病院として高度で質の高い医療を追求するとともに、安心安全な医療の提供に努めます。
  • 高度救命救急センターの役割を果たし、救急医療に積極的に取り組みます。
  • 国内外における救護・救援活動および保健衛生活動に積極的に取り組みます。
  • 地域の医療機関と連携を密にし、地域の基幹病院としての使命を全うします。
  • 次世代の医療を担う人材を育成します。
  • 働きがいのある充実感溢れる職場づくりを目指します。
  • 社会的使命の永続的遂行を図るため、健全な病院運営に努めます。

患者さんの権利の尊重

  • 公平に良質な医療を受ける権利
  • 人権が尊重される権利
  • プライバシーを保護される権利
  • 医療上の十分な説明と情報提供を受ける権利
  • 自らの意思に基づき医療を選択する権利
  • 他の医師などの意見(セカンドオピニオン)を求める権利

患者さんは上記権利を有されますが、円滑に医療を推進するために、
病院の規則や医療者の指示を守ってください。

臨床における倫理方針

  • 患者さんの人権を守ります
    (1)医療内容やその他の必要事項について説明義務を果たします
    (2)職務上の守秘義務を遵守し、個人情報を保護します
    (3)患者さんの立場に立った対応で良好な信頼関係を築きます
  • 患者さんの自己決定権を尊重します
    (1)治療方法の選択を行う場合は、医療従事者との相互理解による患者さんの意思表明を尊重します
    (2)医療行為について十分説明し、患者さんに理解していただき、同意を得てから実施します
  • 倫理委員会で審議します
    (1)生命の尊厳に関する問題
    (2)患者さんの信条と医療行為の妥当性に関する問題
    (3)新しい治療技術等の問題
    (4)その他倫理的問題
  • 医療の進歩に必要な研究を実施します
    (1)治験を行う場合は、治験委員会で十分な審議を行います
    (2)臨床研究を行う場合は、倫理委員会で慎重に審議します